サッカー まとめ。 海外サッカー

競技規則 | 日本サッカー協会

サッカー まとめ

サッカーまとめサイト• Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. フットカルチョ on 2020. WorldFootballNews on 2020. フットボール速報 on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. ドメサカブログ on 2020. WorldFootballNews on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. フットカルチョ on 2020. NO FOOTY NO LIFE on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. フットカルチョ on 2020. WorldFootballNews on 2020. フットボール速報 on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. フットカルチョ on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. WorldFootballNews on 2020. フットカルチョ on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. サッカーミックスジュース on 2020. フットカルチョ on 2020. Samurai GOAL on 2020. WorldFootballNews on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. WorldFootballNews on 2020. フットカルチョ on 2020. WorldFootballNews on 2020. WorldFootballNews on 2020. WorldFootballNews on 2020. WorldFootballNews on 2020. WorldFootballNews on 2020.

次の

サッカー|ヌルポあんてな

サッカー まとめ

98 ID:D0RC3rjp9. net ACミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、今季終了後に1年間の契約延長オプションを行使するか判断する契約となっていたが、 フロント含めた新体制となったクラブと双方が求めていない状況にあり、退団が確定的となっているようだ。 イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じた。 ミランは今冬の移籍市場で、米MLSロサンゼルス・ギャラクシーと昨年12月で契約が満了したイブラヒモビッチを獲得した。 半年契約に双方が合意した場合の1年間契約延長オプションが付帯しているとされている。 しかしながら、ミランは来季の監督人事を巡り経営権を持つ米ファンド「エリオット・マネジメント」とアーセナルからやってきたイヴァン・ガジディスCEO(最高経営責任者)のタッグが、 イブラヒモビッチ獲得に尽力した元クロアチア代表ズボニミール・ボバン氏と元イタリア代表パオロ・マルディーニ氏のOBコンビと対立。 結果的にボバン氏が解任され、来季には経営サイドが推したラルフ・ラングニック氏が監督就任すると見られている。 こうした一連の流れを目の当たりにしたイブラヒモビッチは2012年夏にクラブを離れて以来の復帰だったが、 「もはや自分の知るミランではない」と、来季プレーする意思はないという。 一方でミラン側も、あまりにも存在感の強いカリスマFWは、スター不在でも強いチームを作れるという方向性で推し進める来季構想において不必要と考えているようだ。 求めるものが全く違うことで、両者は別の道を歩むことが確実になったとされる。 パリ・サンジェルマン(PSG)などでプレーしている時期もミランに対する特別な感情を表現したことがあるイブラヒモビッチだったが、7年半ぶりに戻ったミランでのキャリアは半年で終わることになりそうだ。 74 ID:fIAkmfKK9. net ヴィッセル神戸が誇る世界スター、元スペイン代表のMFアンドレス・イニエスタ(36)と、国民的アイドルグループ「嵐」の松本潤(36)が、ちょっとしたきっかけで交流を深めている。 4月30日に放送されたフジテレビ系「VS嵐」(木曜午後7時)の番組冒頭での出来事だった。 「もし、もらえるとすれば、誰のサインが欲しいか」というお題で、嵐5人のトークが始まった。 松潤は「イニエスタのサインが欲しい!」と叫ぶと、VTRでイニエスタがサプライズで登場。 松潤(松本)に対して「番組に(ゲストで)呼んでくれると聞いていますが、近く会えることを楽しみにしています。 ありがとう」とメッセージを送った。 スタジオには、額に入った「TO MATSUMOTO」と書かれたイニエスタの直筆サイン入りユニホームが届けられた。 今年元日の天皇杯決勝で、神戸がクラブ初のタイトルを獲得した試合に着用していた、お宝ユニホームだ。 これは本当に価値があり、松潤は「次はマジで番組に来てください! 一緒にキッキングスナイパー(番組で人気のボールを蹴って得点を競うゲーム)やりたいよ、ありがとうございます」と感激した。 ちなみに2人は現在36歳だが、松潤の方が学年では1つ上になる。 あれから1カ月以上がたち、Jリーグ担当の記者が、あの日の経緯と、その後を取材することができた。 神戸のクラブ関係者は「それまで何度か番組内で、松本潤さんがイニエスタ選手のファンだと言ってもらっていました。 我々としては、そういう場を提供できないかと考え、フジテレビさんと協力し、あの日の登場になったのです」と説明する。 さらに「もちろん最初は、イニエスタ選手も嵐のことは知らなかったのですが、日本ですごい有名なアイドルグループだと説明し、本人が快諾してくれました。 現在、嵐の曲を聴いているかは分かりませんが、存在はよく知っています」と続けた。 実際に番組後、イニエスタと松潤はそれぞれのSNSを使い、メッセージを交換している。 お互いの律義な性格に、共感しているようにも思えた。 記者は2年前、夏の高校野球で嵐のシングル曲「夏疾風(なつはやて)」が応援ソングに採用された際、甲子園球場で嵐を取材する機会があった。 記者が「曲の振り付けは、高校野球らしいものになる?」と質問したら、松潤は「吹奏楽の曲と合うものを考えたいですね」などと答えた。 小学で野球、中学ではサッカーをしていたという、松潤のスポーツへの熱量が伝わってきた。 一方、イニエスタを取材している限り、試合はもちろん、練習でも手を抜くことはない。 普段の態度も紳士で、だから世界から認められている。 果たして、今回の松潤のラブコールに対し、本当にイニエスタが「VS嵐」にゲスト出演できるのか。 リモート出演だと比較的容易かもしれないが、やはりスタジオでの共演の方が価値はある。 いや、神戸が元日に初タイトルをつかんだ国立競技場は、嵐にとって聖地。 そこで収録というのも夢…とまで言えば、少し飛躍しすぎか。 再び神戸のクラブ関係者の説明。 「この4カ月に及ぶJリーグの中断で(7月4日からの)試合再開後は過密日程になり、厳しい状況ではあります。 0%ではないんですが…」。 イニエスタの出演を後押ししたい思いは伝わるが、日程調整は相当難しいようだ。 今季のJリーグ最終節は12月19日に設定された。 年末年始には、2連覇を狙う天皇杯に出場している可能性もある。 嵐は大みそかを最後にグループとしては活動休止に入るだけに、当然ながら超多忙だろう。 やはり、両者に与えられた時間は少ない。 もちろん、今後もイニエスタは本業のサッカーに100%集中して臨むのは言うまでもない。 疲労回復の時間を削ってまでテレビ出演することもない。 ただ、本人もゲスト出演に前向きになっており、1%でも可能性があるなら、夢の共演を待ちたいと思う。 91年日刊スポーツ入社。 96年アトランタ五輪、98年サッカーW杯フランス大会など取材。 広島、G大阪などJリーグを中心にスポーツ全般を担当。 37 ID:B4wW8LSR9. net ラ・リーガ2部のサラゴサに所属する香川真司の去就が注目を集めている。 昨夏に鳴り物入りでスペインに参戦した日本代表MFは、しかしここまで23試合に出場して2ゴール。 コンディション不良やシステム変更も重なり、定位置を奪われている。 現地では安くない年俸に見合った活躍ができていないため、今シーズン限りでの退団が有力視され、先日もベジクタシュやJリーグへの復帰が取り沙汰された。 そんななか、スペイン・メディア『El Desmarque』のサラゴサ版が6月12日、トルコ1部のギョズテペが香川の獲得に興味を持っていると報じた。 記事によれば、31歳のサムライ戦士がこの夏にサラゴサを離れる可能性が高く、「ギョズテペはスキルフルなこの日本人選手の獲得により、移籍市場で強化を図ることを目論んでいる」と綴っている。 また、トルコ・メディア『STAR』も、「ギョズテペがカガワにコンタクトを取った」とし、こう伝えている。 「昨シーズンにベシクタシュでの活躍で注目を集めたシンジ・カガワが、再び(トルコ)スーパーリーグへと向かう。 スペイン2部のサラゴサでプレーする日本の10番は、ギョズテペから提案を受けた」 トルコ西部のイズミルに本拠地を置くギョズテペは、昇降格を繰り返すいわゆるエレベータークラブ。 だが、6月13日から再開する今季のトルコ・リーグでは、8位の好位置につけている。 その動向に注目が集まる。 yimg. 82 ID:B4wW8LSR9. yimg. jpg サッカー元日本代表MF中田英寿氏 43 がナビゲーターとしてレギュラー出演中のJ-WAVE『VOICES FROM NIHONMONO』 土曜後10・0~ の13日放送回に、カズことJ1横浜FCの元日本代表FW三浦知良 53 が出演。 このたび、東京・港区の六本木ヒルズにあるJ-WAVEけやき坂スタジオで番組収録が行われた。 中田氏がカズとメディアで語り合うのは2015年にフジテレビ系『ボクらの時代』で同FW前園真聖氏 46 と3人で鼎談して以来、実に5年ぶり。 「先の見えないスポーツ選手が、どういう考えのもとにトレーニングし、メンタルを保っているのか。 すごく疑問に思って、これを聞くならカズさんしかいないと思い、お呼びしました」 日本が世界に誇れる工芸・文化・農業・食などを再発見するプログラム『VOICES FROM NIHONMONO』。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛が段階的に緩和されつつある中、2019年4月の番組開始以来、初めてサッカー選手のゲストとしてカズを招いた理由を、中田氏はこう説明した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によるチームの活動休止中、自宅マンション近くに借りた部屋や、実兄の三浦泰年氏 54 が運営するフットサル場などで自主トレーニングを行っていたというカズ。 苦しい日々を経て迎える7月4日のJ1再開を前に「カズさんがJ1で試合に出て、点を取るシーンを見たい」と中田氏にリクエストされると、10歳上の兄貴分は「頑張りますよ。 そのためだけにやっている」と即答。 ジーコ(鹿島)が持つ41歳3カ月12日のJ1最年長得点記録の更新を約束した。 そんなサッカーへの熱い思いを抱くカズに影響されたように、中田氏の口からは興味深い発言も飛び出した。 「僕も(現役を)やめて、もう14年経ちますけど、最近たまに(サッカーを)やりたいなと思うことがありますね。 自分でもびっくりです」 思わぬ告白に、カズも「やっと? ヒデがサッカーをやりたい気持ちになったのはうれしいね」と反応したほど。 それが、カズにとって13年ぶりのJ1の舞台となった2月23日の神戸との開幕戦(ノエスタ)での1日限定契約でのベンチ入りだ。 中田氏は「J1に上がったら最初の試合のベンチに入れてねと言っていた」と自ら告白。 「でも、オファーが来なかった。 コロナが発生して(計画は)流れてしまいましたけど、一緒に並んでベンチに入りたかったですよね」。 実現していれば、これ以上なく日本スポーツ界が盛り上がる夢の瞬間になったはずだ。 収録では、カズがコロナ禍に苦しむサッカー界の現状を吐露する場面もあった。 中田氏に「これだけ世の中が低迷し、スポンサーも厳しい状況。 無観客開催では入場料収入もない。 選手たちへの(給料の)支払いについて、クラブからは何か話はあったんですか」と問われると、「今のところ、それはない」と説明した。 一方で「これからずっと、サッカーがリスクを考えすぎて無観客でやる状況を続けていけば、お金の話をしてくることは考えられる」との見通しも口にした。 だからこそ「DAZNでの放送など、少しでも付加価値を出していくことが大切。 やらなければ本当にゼロ。 やる努力を続ければ、スポンサーさんたちも納得してくれる」と、先が見えない状況でもトライしていくことが重要であることを強調した。 「J3のオーナーとも話したけど、小さい規模でやっているクラブの方が、まだましという見方もある。 大変は大変だけど、大きなクラブはより人件費もかかる」と現場ならではの実状も明かした。 「日本だけの問題じゃない。 W杯アジア予選も開催できないし」と世界のサッカー界の状況も危惧するカズに、国際サッカー連盟(FIFA)の諮問機関で競技規則などを決める国際サッカー評議会(IFAB)の諮問委員を務める中田氏が「聞いた話では、FIFAはW杯の本大会の放映権料で3年間分くらいの利益を出すらしいですよね。 もしW杯がなければ FIFAは つぶれる」と危機感を表す場面もあった。 他にも緊急事態宣言下での生活、プライベートでの意外な交流、今後のプランに話が及ぶなど、ここでしか聞けない内容が盛りだくさん。 日本文化の世界への発信などに取り組む中田氏と、現役アスリートとしての生き方にこだわるカズ。 異なる道を選びながら互いに共感し、リスペクトし合う2人のトークは必聴だ。 net 【武田修宏の直言!!】 ようやくJリーグの再開日が決まり、少しずつだけどサッカーが動きだしているのはやっぱりうれしいことだね。 プロ野球のほうが先に開幕するけど、Jリーグはすでに再開しているドイツをお手本にして慎重に進めている。 これからも細心の注意を払っていってほしいよ。 ファンとしては無観客とはいえ、試合が始まるという高揚感はあるはず。 でも、選手にかかる負担は想像以上のものがある。 あるクラブのスタッフから聞いたんだけど、今、選手たちはクラブハウスと自宅の往復だけで、食事をともにできるのも同僚や家族だけ。 それに加えて、開幕までに新型コロナウイルスのPCR検査を行う。 これがかなりのストレスのようで、開幕までに疲弊してしまわないかが心配だよ。 もちろん感染拡大を防ぐため、徹底した検査は必要。 でも、その選手たちの心身をケアする態勢は整っているの? これはクラブ単位の問題ではなく、Jリーグが中心となって選手たちを「守る」という姿勢を見せてほしい。 サッカーは相手選手との接触があるスポーツで、どうしても感染の恐怖は消えない。 今のJリーグは試合の開催ありきで、選手の本当の気持ちに応えているのかが見えてこないんだ。 先日、カズ(三浦知良)さんが開幕に向けた意気込みを語っていたけど、一番こういうことに敏感なのは2月で53歳になったカズさんだと思う。 もしカズさんがコロナに感染したら、Jリーグはどうするんだろう。 余計なお世話かもしれないけど、そんなことまで心配になっちゃうよね。 37 ID:Nl1oWKEN9. net 今季からJ1ベガルタ仙台に加入したポルトガル人FWアレクサンドレ・ゲデスは、シーズン開幕前に負傷離脱し、新型コロナウイルス騒動に直面したなか、「日本に来たことを後悔したことは一度もない」と明かしている。 ポルトガル紙「A BOLA」が伝えた。 現在26歳のゲデスはポルトガルの世代別代表を経験し、2013年にはU-19欧州選手権で得点王に輝いた。 スポルティングB、レウス、CDアヴェスなどを経て、2018年からヴィトーリアSCでプレー。 そして今年1月6日、仙台移籍が決定し、公式サイトを通じて「加入することが決まり、とてもうれしく思います。 仙台のために全力で戦い、新しいチャレンジの成功を目指します」と抱負を語っていた。 そんなゲデスを二つのハプニングが襲った。 負傷とコロナ禍だ。 1月24日の練習試合のウォーミングアップ時、ゲデスは右足首の靭帯損傷で全治約8週間の負傷。 その後、シーズンが開幕するも、新型コロナウイルスの影響で直後に中断が決まった。 母国紙から「不運だったか?」と問われたゲデスは「非常に複雑な状況だった」と吐露。 「日本に来て怪我をして、最初の2試合は欠場した。 ようやくプレーの準備ができた時、ウイルスの感染拡大によりJリーグは中断した」と振り返っている。 そのなかで日本移籍を後悔しているかとの質問が飛び、ゲデスは「自分が望んでいると確信していなければ、行くという決断はしない」と断言。 「多くの国からオファーを受けたなか、もちろん金銭面もあったが、決してそれだけではない」と続け、さらに移籍の理由を口にした。 「日本は世界有数の先進国であり、最高の治安と優れた文化がある。 ここに来たことを後悔したことは一度もない」 新型コロナウイルスで中断していたシーズンの再開が決まり、6月27日からJ2とJ3リーグ、7月4日からJ1リーグが無観客試合で始まる。 新天地で活躍が期待されるゲデスのプレーに注目が集まりそうだ。 yimg. 81 ID:F0MBknDR9. net セリエA・DF部門で7番目に高額 スイスのサッカー関連調査機関『CIES FOOTBALL OBSERVATORY』が、欧州5大リーグでプレイしている選手の「推定移籍金」をランキング形式で発表。 ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋の衝撃の推定移籍金が明らかとなった。 昨夏の移籍市場で、ベルギーのシント・トロイデンからイタリアのボローニャへ移籍した21歳の冨安。 ここまでセリエA20試合に出場しており、早くもチームに欠かせない存在となっている。 主に右サイドバックを務めてきたが、センターバックやサイドハーフも任されるなど、ユーティリティ性も発揮しており、今季セリエAでブレイクを果たした若手のひとりとして注目を浴びている。 こういった活躍もあり、ビッグクラブへのステップアップの噂もチラホラ聞こえてくるが、『CIES FOOTBALL OBSERVATORY』が年齢や残りの契約年数なども含めて様々なアルゴリズムをもとに、冨安の推定移籍金を算出。 その金額は、なんと3320万ユーロ(約40億円)となった。 これはセリエAのDF部門の中で、マタイス・デ・リフト(1億470万ユーロ)、ミラン・シュクリニアル(4970万ユーロ)、ジャンルカ・マンチーニ(4320万ユーロ)、アレックス・サンドロ(3750万ユーロ)、ジョバンニ・ディ・ロレンツォ(3570万ユーロ)、カリドゥ・クリバリ(3380万ユーロ)に次ぐ7番目だ。 今回の推定移籍金を取り上げた伊『Tutto Bologna Web』も「CIESがトミヤスをセリエAで最高の選手のひとりとして評価した」と綴っている。 サッカー大国のイタリアでも自身の力を証明して見せたが、冨安は現在21歳とサッカー選手としてはまだまだ発展途上。 今後のさらなる成長とステップアップに期待だ。 net 悪質な詐欺によって性奴隷にされていたサッカー選手7名がスペインで救出されたという。 『Marca』によれば、今回スペインの治安警備隊にあたるグアルディア・シビルによって救出されたのは南米出身の7名で、その中には未成年の選手も1名いたとのこと。 彼らは、ある組織によって「給与が高い仕事とプレーできるクラブ」を約束されてスペインに連れて行かれていたという。 しかし、いざスペインに到着すると、組織は選手たちのパスポートを剥奪し所持品や金品なども没収。 カディス県にあるプラド・デル・レイという街の小さな部屋に彼らを住まわせ、同性愛者向けの売春を強要していたという。 その部屋の映像もグアルディア・シビルから公開されている。 3人部屋、4人部屋で共同生活を余儀なくされていたようだ。 レポートによれば、組織は選手たちに「逆らった場合家族に今君たちがやっていることを伝える」と脅していたそう。 グアルディア・シビルは、この人身売買組織を水曜日に摘発し、3名を逮捕したとのことだ。 53 ID:lWQaGr9a9. net アメリカサッカー連盟 USSF は、サッカー選手が国歌斉唱中に片膝をつく行為の禁止を「間違っていた」と認めた。 11日、英『BBC』が伝えている。 このルールは、アメリカ女子代表MFミーガン・ラピノーやアメリカンフットボール選手のコリン・キャパニックが2016年の試合で人種差別に抗議するために行っていたもので、その後、「国歌斉唱中は起立しなければいけない」として禁止されていた。 しかし今回、USSFはこの禁止措置を「間違った対応」と認め、跪く行為の禁止を覆した。 アメリカで発生した黒人男性ジョージ・フロイド氏の警察官の過度の拘束による死亡事件以降、世界中で人種差別に対する抗議活動が活発化。 USSFは今回のルール変更について「警察の残虐行為とアメリカの黒人や有色人種の組織的抑圧に対する抗議の一形態である」と述べ、「禁止したことは間違いであり、Black Lives Matterの重要なメッセージを邪魔した」と非を認めている。 net 新型コロナの影響でリーグ中断、ユベントスの財政状況に大きな影響 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、新型コロナウイルスによるクラブの苦しい財政状況を和らげるため、今夏に退団する可能性があるようだ。 英紙「デイリー・スター」が報じた。 2009年にスペインの強豪レアル・マドリードに加入したロナウドは絶対的エースとしてゴールを量産し、2017-18シーズンには前人未到のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇達成に大きく貢献した。 偉業を置き土産に18年夏、9年間にわたり在籍していたレアル退団を決断。 イタリアへ渡ると、セリエAでも決定力を発揮し、初年度でチーム最多の21得点を挙げて前人未到のリーグ8連覇に大きく貢献した。 ロナウドはユベントスと4年契約を結んでいる。 しかし新型コロナウイルスの影響でリーグが中断し、ユベントスの財政状況に大きな影響を与えており、今後は不透明のようだ。 イタリア「Radio Rossonera」のディレクターでもあるピエトロ・バルツァーノ・プロタ記者は、クラブの財政難の影響を緩和するため、ロナウドが今夏に退団する可能性があると伝えている。 ロナウドは以前、「ユーベの全てが好きだ。 良い文化があるし、イタリア最高のクラブ。 素晴らしい歴史もある。 ここで幸せだ。 ユーベでもっとタイトルを手にしたい」と、ユベントス愛を語っていた。 「トロフィーを獲得すること、良いプレーをすることが最優先。 18年もプレーすると楽しむことだけを考えるよ。 しかし、モチベーションは変わらない。 私はハッピーだし、あと数年はプレーしていたい」と気力を漲らせていた。 その一方、ユベントスでチーム一の高給取りであるロナウド。 新型コロナウイルスの影響で各クラブが厳しい財政状況に陥るなか、果たして電撃退団もあるのだろうか。

次の

海外サッカー

サッカー まとめ

最新記事一覧• 06月13日 19:27• 06月13日 19:03• 06月13日 19:00• 06月13日 18:52• 06月13日 18:30• 06月13日 18:15• 06月13日 18:03• 06月13日 18:00• 06月13日 18:00• 06月13日 17:51• 06月13日 17:38• 06月13日 17:29• 06月13日 17:16• 06月13日 17:08• 06月13日 17:03• 06月13日 17:00• 06月13日 16:52• 06月13日 16:21• 06月13日 16:15• 06月13日 16:10• 06月13日 16:05• 06月13日 16:03• 06月13日 16:00• 06月13日 15:31• 06月13日 15:16• 06月13日 15:16• 06月13日 15:03• 06月13日 15:00• 06月13日 15:00• 06月13日 14:45• 06月13日 14:42• 06月13日 14:05• 06月13日 14:03• 06月13日 14:00• 06月13日 13:45• 06月13日 13:35• 06月13日 13:30• 06月13日 13:05• 06月13日 13:00• 06月13日 12:40• 06月13日 12:30• 06月13日 12:14• 06月13日 12:11• 06月13日 12:03• 06月13日 12:00• 06月13日 11:45• 06月13日 11:26• 06月13日 10:45• 06月13日 10:31• 06月13日 10:30.

次の