ビルダー バーグ ミーティング。 ビルダーバーグ会議の日本人参加者は誰?今まで1度も呼ばれていない?

【世界政府樹立計画?】ビルダーバーグ会議が陰謀の匂いしかしない

ビルダー バーグ ミーティング

世界トップの要人が参加 陰謀論の中でよく出てくるのがビルダーバーグ会議です。 ビルダーバーグ会議(ビルダーバーグかいぎ、英語:Bilderberg Meetings, Bilderberg conference, Bilderberg Group, Bilderberg Club)は、1954年から毎年1回、世界的影響力を持つ人物や企業、機関の代表が130-150人ほど集まり、世界の重要問題や今後の主に政治経済や社会等を主なテーマに完全非公開で討議する秘密会議[1]。 会議は、チャタムハウスルールの下に行われる。 ビルダーバーグ・クラブ、ビルダーバーグ・グループ、ビルダーバーグ・ソサエティとも呼ばれる。 参加者があまりにも世界的影響力のある有力者や著名人ばかりなので、影の世界政府、世界の行く末を決める会議とも言われている。 圧倒的な秘密主義が陰謀論の代表格 後述の参加者の顔ぶれの豪華さに加え、具体的な内容や発言者を絶対に口外しないという徹底的な秘密主義な点から、権力者による世界情勢の把握や今後の操作方針、新世界秩序を作るための世界政府設立のための会議とも言われています。 やりすぎ都市伝説でもMr. 都市伝説関暁夫が注目 日本の都市伝説テラーの第一人者の関暁夫さんも以前からビルダーバーグ会議について注目及び紹介をしてくれています。 また、実際にビルダーバーグホテルへのロケも行っており様々な情報を紹介してくれています。 アメリカ大統領選にも関係があると言われている ビルダーバーグ会議に参加したメンバーからアメリカ大統領が生まれる、という噂もあります。 1954年にオランダのビルダーバーグ会議で始まった この秘密会議は、1954年にてオランダのビルダーバーグホテル最初の会議が開催され、以来毎年同ホテルにて開催されています。 第一回ビルダーバーグ会議が1954年5月にこのホテルで執り行われた事で著名であり、ビルダーバーグ会議の名前もこのホテルから名称を取っている。 このビルダーバーグホテルには第一回ビルダーバーグ会議に参加したメンバーの主要メンバーの肖像画が飾られています。 歴代参加者 ビルダーバーグに参加したメンバーは、世界的に影響力を持っている人がほとんどです。 その中でも特に有名な人たちをまとめてみようと思います。 ジョン・D・ロックフェラー ロックフェラー財団当主 田中 伸男(たなか のぶお、1950年3月3日 — )は日本の元経産官僚、前国際エネルギー機関(IEA)事務局長[1]。 2011年9月からは財団法人日本エネルギー経済研究所特別顧問を、2013年からは帝人株式会社監査役を、2015年からは千代田化工建設株式会社取締役[2]、公益財団法人笹川平和財団[3]理事長を務める[4]。 神奈川県出身[5]。 彼は、国際エネルギー機関事務局長という立場にいたため、2009年にアテネで行われたビルダーバーグ会議に参加しています。 国際エネルギー機関(こくさいエネルギーきかん、英語: International Energy Agency、IEA)は、29の加盟国が、その国民に信頼できる、安価でクリーンなエネルギーを提供する為の諮問機関。 当初1973年の第1次石油危機を契機に、アメリカのキッシンジャー国務長官の提唱のもと、1974年に加盟国の石油供給危機回避(安定したエネルギー需給構造を確立すること)を目的に設立された。 やがて、エネルギー市場の変化に伴いその役割も変化した。 ただ、日本人としてではなくあくまで国際機関の事務局長だったため呼ばれただけであり、それ以降日本人については総理レベルの立場の人でさえも一度も参加した記録はありません。 国際エネルギー機関はユダヤ系ドイツ人のヘンリー・キッシンジャーが設立 ちなみに、この国際エネルギー機関を設立したキッシンジャー国務長官はユダヤ系ドイツ人であるヘンリー・キッシンジャーが設立しています。 ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー(英語: Henry Alfred Kissinger、1923年5月27日 — )は、アメリカ合衆国の国際政治学者。 ニクソン政権およびフォード政権期の国家安全保障問題担当大統領補佐官、国務長官。 1923年、ドイツ国のフュルトでユダヤ系ドイツ人の家庭に生まれた。 そして、このキッシンジャー自身も第一回のビルダーバーグ会議に参加した主要メンバーとされビルダーバーグホテルに肖像画が飾られています。 敗戦国である日本はあくまでアメリカの所有物 では、なぜ日本・北米・欧州を結ぶ三極委員会を結ぶなどして世界各地域と同じ目線で交流を行なっている日本から、権力者が参加しないのでしょうか? それは、所詮日本は戦争の敗戦国であり、実際にはアメリカの所有物であるからに過ぎないと言われています。

次の

日本人の参加が拒否された裏のサミット「ビルダーバーグ会議」と、「三極委員会」の違い

ビルダー バーグ ミーティング

企業の経営者• 金融機関の経営者• メディアの経営者• 政治家 が参加していると言われています。 1954年から年に1回開催されている かなり歴史のある会議でもあるんです。 政治・経済に関する問題や環境問題など 様々な事について会議が行われるようです。 「ようです」と書いた事にも理由があり、 会議は完全に非公開になっていて まず、記事になる事はないからです。 ただし、会議に参加した何人かの参加者は インタビューや書籍で会議について ビルダーバーグ会議について語っています。 非公開とされている事も気になりますが、 参加されている方々もすごいです。 都市伝説が好きな方であれば、 聞いた事がある名前が多く登場しますし、 会議参加者から大統領も生まれています。 では、続いてはビルダーバーグ会議の 参加者・企業について見ていきます。 先ほども、お伝えした通りですが、 会議に参加した方が、大統領や首相になる事も 珍しい事ではないのです。 例えば、フランスの大統領になった事がある マクロン大統領もビルダーバーグ会議に 以前参加した事がある1人でもあるのです。 マクロン大統領はロスチャイルド銀行に勤めており、 ロスチャイルド家とはつながりがあります。 話を戻して、具体的にどんな方が ビルダーバーグ会議に参加しているのか というと・・・• アメリカなど北米から30人程度• 欧州各国から80人程度• 国際機関から10人程度 が会議に参加すると言われています。 参加できるのは招待された方のみです。 どんなに著名な企業であっても、 招待を受けない限り参加できません。 ちなみに、日本人や日本の関係者は ビルダーバーグ会議に参加した事がありません。 2009年のアテネで開催された会議に、 当時の国際エネルギー機関事務局長を務めた 田中伸男さんが参加されています。 しかし、田中さんの立場は、 日本の代表ではなく、あくまもでも 国際エネルギー機関の代表。 日本人に限らず、アジア圏からの参加は 過去に1度しかありません。 2011年に中国の外務次官の方が 参加されたのみです。 ここからもわかるように、 歴史ある会議ですが、基本は欧米。 欧米の権力者が参加しています。 ちなみに、やりすぎ都市伝説では、 2016年のビルダーバーグ会議には 下記の権力者が参加したと放送されました。 ビルダーバーグ会議によって、政府、財界への工作、メディアを通じた世論操作が発動される• ビルダーバーグ会議の目的は世界統一政府(ニューワールドオーダー)• メディアとネットビジネスの国際的支配• 人体への埋め込みチップ• GPSによる監視• 暗号通貨による国際通貨の統合• 人口抑制 ダニエル・エスチューリンの活動により、 カナダのマスコミが大々的に ビルダーバーグ会議について報道しました。 その結果、 ビルダーバーグ会議の計画の一部が 頓挫する事になり、暗殺されかけました。 これが本当であれば、陰謀ではなく 事実とも考えられますよね。 ダニエル・エスチューリンは ビルダーバーグ会議に関する本を出版し、 日本でも販売されています。 興味があれば、読んでみるといいでしょう。 アノニマスはビルダーバーグ会議が 推し進めている世界統一政府による NWO(新世界秩序)を断固阻止する方針であるという。 そして会議参加者たちの 個人的な利益を追求する姿勢も 激しく非難しています。 私利私欲に走るようであれば、 容赦ない制裁を加えると警告している。 これ以外にも、アノニマスは 度々ビルダーバーグ会議のホームページを ハッキングして警告しています。 英紙「Express」は、ビルダーバーグ会議を イルミナティの表の顔とも報じています。 ビルダーバーグ会議のまとめ 参加者にかん口令が敷かれており、 どんな内容について論議されているのかは 正直、さっぱりわかりません。 ただ、世界中の権力者が集まるので 国をコントロールする事は 難しくないように感じます。 メディアをコントロールする事によって 情報はいくらでもコントロールできます。 興味深い点は、ダニエル・エスチューリンの ビルダーバーグ会議への抗議活動です。 実際に、ダニエル・エスチューリンは 抗議活動が原因で暗殺未遂にあっています。 陰謀論で片づけるには・・・ と感じる点もあります。

次の

「ビルダーバーグ会議」とは何?その議題や日本人メンバーがいないワケ

ビルダー バーグ ミーティング

テレビ番組に「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説」があります。 都市伝説・関暁夫さんから意味深な発言がありました・・・ 「 もう、戦いは始まっているのだ。 気づけよ!」と、その言葉が妙に気になりました。 注意:一般的に陰謀論・トンデモ話・都市伝説と言われる類です。 くれぐれも本気になさらないようお願い申し上げます。 ユーモアのセンスでご覧ください。 目次 コロナショックの裏側で動く世界情勢 そのコロナ禍の社会の裏側で動く世界情勢がどうなっているかを今、私たちは知っておかなくてはならないのです。 そして・・・ このパンデミックを数年前に予言していた人物がいるのです。 その人物とは、ビル・ゲイツ氏。 ビル・ゲイツはマイクロソフトの創設者であり、総資産は10兆円以上と言われている。 今回のコロナショックを受け、WHOへ1億ドル(109億円)を自身のの財団を通じて寄付したという。 そんなビルゲイツツが2015年に行った講演(日本語字幕あり)で「我々の世代が最も恐れ準備すべきなのは、戦争による核爆弾使用ではなく、感染するウイルスである。 」と予言していたのである。 ビルゲイツはTEDで各国の指導者に対して、疫病に備えるように警告していた。 ポイントは核爆弾ではなくウイルスというところ。 しかし、 現実の脅威は両方なのだ。 核兵器も確実に進化が続いていて、小型核を装備したミサイルが開発及び実戦配備されているという。 私たちの知らない水面下で、核開発をめぐる軍拡競争が激化している。 さらに、この裏側にあるのが、各国のAIの覇権争いである。 そして、アメリカと中国と言ったら、AI技術でトップ争いをしている2国。 あなたは、 最近、5Gのサービスが始まったけど、あれはもともと人間のための物ではなかったのです。 よく、テレビや雑誌で10年後にAIに置き換わり・・・(下記の引用をご覧ください) その事はもう数年前から言われていた。 その通信のために必要なのが、低遅延、多数同時接続が可能な5Gなのだ。 現在、5Gが導入されつつありますが、もうすでに6Gの開発競争が始まっているらしい・・・ 「コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。 たとえば、『Google Car』に代表されるような無人で走る自動運転車は、これから世界中に行き渡ります。 そうなれば、タクシーやトラックの運転手は仕事を失うのです。 これはほんの一例で、機械によって代わられる人間の仕事は非常に多岐にわたります。 私は、米国労働省のデータに基づいて、702の職種が今後どれだけコンピューター技術によって自動化されるかを分析しました。 その謎に迫るためにも重要な意味を持つのが、 世界を動かす裏のサミットと呼ばれている、 ごめんなさい、ビルの事はもうすこし先になりそうだ。 世界を操る裏のサミット、ビルダーバーグ会議とは? 陰謀論の中でよく出てくるのがビルダーバーグ会議です。 世界を牛耳る、それをも上回る。 この二つの財閥を筆頭に各国の王族や有力企業の代表が参加。 世界中の権力者が集まり、私たち一般人が知らない世界会議が存在します。 その会議こそが、 ビルダーバーグ会議。 ロックフェラー傘下の「 外交問題評議会」とロスチャイルド傘下の「 王立国際問題研究所」が中心となり1954年から毎年開催られている完全非公開の会議。 いわば、 この二大財閥の意思を共有し、それに沿って世界を動かすための会議なので「裏のサミット」と呼ばれているのである。 つまり、私たち一般の人間は、悲しいかな、ごく一部の人間の決定によって動かされているということになる。 そして今回、知っておいてほしいのはこの6人。 ジェイコブ・ロスチャイルド・一族。 ジョン・D・ロックフェラー・一族• 人類の火星移住計画を推進するスペースX社・イーロン・マスク• 世界ヒューマニスト協会設立者・ニック・ボストロム• ファイスブックの創設者・マイク・ザッカーパーグ• トランプを裏で操る影の大統領と噂される(PayPal設立者 ・ピーター・ティール• パンデミックを予言した マイクロソフト創立者 ・ビル・ゲイツ 簡単に説明すると・・・ロックフェラー財団とは、世界を裏で牛耳っていると言われる巨大財閥。 莫大な財力と権力により政財界に絶大な影響力を持つと言われるアメリカの巨大実業家一族。 金融・IT・航空など様々な世界的企業を傘下に持つっている(IBM・MorganStanley・BOEINGなど)。 ロックフェラー財団・前当主デイヴィッド・ロックフェラーは、「世界皇帝」と呼ばれ圧倒的な力で世界を牛耳っていたと、される人物です。 彼は2017年に101歳で亡くなったとされているけど・・・はたして、それは本当なのか? 生前に永遠の命を求め続けた、デイヴィッド・ロックフェラーは自分の脳や肉体を冷凍保存して、未来での復活を待っているのか? あるいは既に意識をデータ化(精神転送)して新たな肉体で生まれ変わっているのか? どちらも、 可能性はあるだろう? 否定はできない時代がきているのです。 そして、ロックフェラーについて知っておいてほしいのは、コロナ感染を発症24時間前に予測できるという物を開発している。 これに関わっているのが、 ウエストヴァージニア大学・ロックフェラー神経科学研究所という機関。 そして、スマートリング・メーカー」とはウエストバージニア大学、ロックフェラー神経科学研究所などによる共同研究チームなのだ。 スマートリングの計測値とAI分析によって、新型コロナの発症を24時間前に予測できると発表。 リングは体温、心拍、睡眠レベルなどの測定データを基に、咳や発熱などの症状が出る前に感染を予測できるのだという。 それから、オーラリングは既にサンフランシスコの医療現場で導入が始まっている。 スマートリングというのはスマホやスマートウォッチの延長線上にあるデヴァイスであり、どんどん小型化していることが理解できますか? このようになってくると、指輪の次はマイクロチップだよね? この状況(コロナ禍)をきっかけに、テクノロジーが進化して新たな価値観が浸透していく。 そして、情報の最終的な管理場所は脳内に収められることになるだろう。 スエーデンを中心に活動しているテクノロジー集団で、既存の固定概念を破壊しテクノロジー(体内マイクロチップ)との融合により新たな価値観を作り出し人間の進化を追求する組織である。 」と答えている では、 「脳内にマイクロチップを入れると何ができるのか?」という質問には次のように答えている。 「自分の記憶をクラウドにアップロードして保存しておいて、また自由にダウンロードすることができるようになるだろう」と答えている。 そして、最後の質問 「人類というのはマイクロチップをみんなが入れるようになるのですか?」に対して、こう答えた。 「 そうだ、2025年には全人類が入れるだろうと断言した。 あなたが知らない世界で、 体内マイクロチップ計画は確実に加速しているのだ。 2019年11月、は鎮痛剤「」の依存症患者に対して脳内にマイクロチップを埋め込み脳内データを監視する臨床試験を開始している。 「バイオニフィケン」が言うように2025年までに人類が体内にマイクロチップを埋め込むという話もあながち嘘ではないということが、このことからもわかる。 では、ビルダーバーグ会議に話を戻そう そして、世界の金融を牛耳っていると言われており、あの、ロックフェラー一族を上回る巨大財閥で、 明治維新を裏で操っていたと噂される財閥でもある。 あの、ロックフェラーに代表される「アメリカ財界保守本流」と、世界各地で、 そして産業各分野で最も先鋭に対立しているのが、ユダヤ系ロスチャイルド財閥なのである。 ロスチャイルドは、もともとはドイツのフランクフルト出身の大ユダヤ財閥で、その子供たちが英独仏などヨーロッパ各地にネットワークを広げて勢力を大いに誇示したが、今は、イギリスのロスチャイルド家が最も力が強い。 英NMロスチャイルド銀行が、財閥の中心的存在となっている。 この、ビルダーバーグ会議は前述の二大財閥を中心に行われていて、そこに人類の未来を担うさまざまな重要人物が集めれられているのです。 知らない人はいないと思うけど、SNS最大のFacebookの創設者マーク・ザッカーバーグ。 フェイスブックは12億人が参加している最大のソーシャルネットメディアだ。 その創設者のマーク・ザッカーバーグに関してまことしやかな噂がある。 ・今年2017年に死亡したと言われる世界皇帝デービッド・ロックフェラーの孫と言われているもの。 (母方) ・そしてマーク・ザッカーバーグの本名はジェイコブ・グリーンバーグで、 リーマンショック時に「倒産保険CDS」を取り扱っていたいわくつきの、 保険会社AIGのCEOモーリス・ハンク・グリーンバーグの孫だというもの。 (父方)ちなみにAIGの国際アドバイザーには ホワイトハウスのフィクサー、ヘンリー・キッシンジャー。 キッシンジャーはデービッド・ロックフェラーの側近。 そしてAIGの出資元は CIAの前身OSSの諜報員であった コーネリアス・バンダー・スター(1892-1968)。 さて、肝心な事に話を戻そう。 Facebookは大衆の心理操作を目的に作られたことを、関係者は公に認めている。 「フェイスブックはこれまでに作られた物の中で最も強力な大衆操作ツールなのだ。 CIA長官補佐、クリストファー・サーティンスキー。 彼はこう言っている・・・ 「マインドコントロールをひそかに実行することで、大衆は自らネット上にメールや写真・電話番号などの個人情報を自ら提供する。 Facebookこそ、我々がネットを開発した目的であり、このシステムにより全世界の個人情報の収取が可能となる。 」・・・と。 この二人の発言が物語るように、FacebookとCIAは世界中の人間の生活を、監視しているのではないかと思われている。 アバターといわれる自らの分身を通じて、他の参加者と交流したり、グループでゲームに挑戦したりできるという。 ザッカーバーグはこれを、「将来重要になる社会インフラを構築するための新たなステップだと」のべた。 そして、FacebookやInstagramに続いて主力サービスに育てる考えを示している。 すなわち、VRの世界。 五感をより刺激することにより、あたかも現実のような世界に没入することができるのだ。 Virtual Reality(仮想現実)は・・・今後、さらなる進化が予測されている。 これからは、人類が自分のアバターを使って他人とコミュニケーションを取れるようになったら・・・ その、先には意識をデータ化し、肉体を捨てVR空間上で永遠に生きる時代が来る。 の、 かも知れない・・・さらに・・・ 人間にVR世界を体感させる技術が進化・発達すれば、いずれは、脳へ直接信号を送ることで五感を操り、本物とたがわないVR世界を目の前に映し出すことも可能になるだろう。 そして、人類は生身の肉体を捨てて、VR空間へと移住を始める。 VRの進化が行きつく先。 それは、もう一つの地球。 すなわち人類のパラレルワールド。 もしかしたら、ザッカーバーグがVR空間の中で・・・ 世界皇帝デイヴィッド・ロックフェラーを蘇らせる日も近いかもしれない? メリンダ・ゲイツ財団 そして今、ザッカーバーグはコロナの治療薬研究のために資金提供をしているのだが、その相手というのが ビル・ゲイツが設立した団体。 2020年3月、ビルゲイツは自身が設立したで新型コロナウイルスの治療薬開発を加速するための団体を設立。 さらに、4月に入ってゲイツ財団は新たなパートナーとしてマーク・ザッカーバーグ夫妻が設立した慈善団体、 とイギリス政府を迎えた。 ここで、 重要なのがパートナーの中にイギリス政府が入っているというところ。 ビル・ゲイツはイギリスと共同で治療薬を作っている。 実際にイギリスはコロナワクチンの臨床試験を4月22日2020年に発表していて、世界初のワクチン開発国になるのも近いかもしれない。 でも、 3月末に感染が発表されてから、わずか1週間、4月の頭にはもう回復しているでしょ? なにか、既に有効な治療薬を手に入れていたのかもしれない。 新型コロナウイルスから回復したことを発表していたチャールズ皇太子のビデオメッセージが、4月1日(現地時間)に公式SNSで公開された。 皇太子は新型コロナウイルスに感染したが、幸いにも症状が軽かったので、回復したと語った。 BY VOGUE JAPAN2020年4月2日 その、チャールズ皇太子が回復した数日後、 エリザベス女王がイギリス国民と世界に向けてスピーチをした。 実はその時に着ていたドレスとブローチに深い意味があるのだ。 エリザベス女王はコロナの騒動を受け、ターコーズブルーのドレスで緊急のビデオメッセージを発表。 「新型コロナウイルスとの闘い」について語った。 その時に着けていたターコイズのブローチは祖母のメアリー王妃から受け継いだものだった。 メアリー王妃と共に第一次世界大戦、第二次世界大戦を乗り越えてきたブローチをつけることで、コロナに打ち勝つための意思表示でもあったのだ。 1国の有事の時にしか、身に着けない特別なターコイズのブローチを彼女が着けていたということに深い意味がある。 しかも、は新しい時代を表す色とも言われていて、これはコロナの先にある新たな時代を迎える覚悟もある、という彼女の意思も秘められていた。 実は、の中でエリザベス女王はこんなことを述べている。 「1940年の初めての演説を思い出す。 」 第二次世界大戦中の1940年、まだ14歳のエリザベス王女は初めてての演説で「私たちの勇敢な陸・海・空の軍人の助けとなるために,私たちが出来ることは全て試みていますし、私たちが共有する戦争の危険や悲しみに耐えようと努力してます。 」と伝えた。 でも、 本当のポイントはここじゃないんだよ。 エリザベス女王が,この時のことを思い出すと伝えた真意とは? わかる人だけに、向けた強いメッセージ。 そう、 これはある種の戦いが始まる合図なのだから・・・ ビルダーバーグ会議参加者から後のアメリカ大統領が生まれる!? そして、 ビルダーバーグ会議の注目すべき人物。 世界をリードする大国アメリカ。 それを裏で操る真の大統領ピーター・ティール。 アメリカアメリカ大統領とビルダーバーグ会議の間には、ある都市伝説が・・・ ビルダーバーグ会議の参加者から、後の大統領が生まれるっていう話がある。 その証拠に、まだ大統領になる前のビルクリントンやオバマもこの会議に呼ばれていた。 その後、アメリカ大統領の席に着いた政治家たち。 ・ ビル・クリントン 1991年に会議参加 1993年に大統領に就任 ・ バラク・オバマ 2008年に会議参加 2009年大統領に就任 本当に大統領選と密接な関係があるのか? ドナルド・トランプは呼ばれていない。 だけど、感のいい人はこれがどいう事か、わかるよね? トランプの代わりに呼ばれた人間がいるわけ。 それがトランプの支援者、ピーター・ティール。 彼がトランプを支持し大統領に当選させた? すべてが、すでに決まっていたこと? もし、そうだとすると、トランプと彼の関係は何? すべてはピーター・ティールが仕向けたこと? 「真の大統領」と噂されているのは、本当にピーター・ティールなのか? 疑問が出てくるよね? 別の話だけど、彼のことを書いた別記事があるので、 彼は、Youtube,Facebookなど様々なIT企業に投資している。 さらにピーター・ティールはCIAやFBI、国防総省のデータベースにも携わる時価総額4兆円にもなるビッグデータ解析企業パランティ・テクノロジーズを創業している。 そして、2020年4月イギリス政府と(イギリスNHS コロナ対策のプロジェクトを進めている事が、明らかになった。 【Palantirの新型コロナモニタソフトを米CDCやNHSが利用中、EUにも採用働きかけている】 そう、あなたは気が付きましたか? アメリカの裏にはイギリスが、いることを忘れてはいけません。 全ては裏で繋がっているのです・・・ここまでいろいろな人物を紹介してきたけど、 ビルダーバーグ会議に呼ばれた、世界のトップの人間達は何か一般人が知りえない、極秘情報を事前に共有して世界を裏でコントロールしているのでは・・・疑問が浮かびません? それが裏のサミットと呼ばれている、ビルダーバーグ会議なのか? そして今、コロナで世界中が大変なことになっているけど・・・ 結果的に、この状態が新しい価値観を育てることになっている、ことに気付いていますか? コロナの影響で今は実際に会うことなく、リモートで色々なことが行われるようになりました。 少し前には選択肢に上がらなかった、リーモートとかテレワークでのコミュニケーションが今では主流になりつつあります。 このようにフィジカルなコンタクトを排除していった結果(リモートコミュニケーション)の先にVR空間が存在するのです。 そして、このような状況が新しいものを受け入れるきっかけになっているのも事実です。 アメリカのフィクサーでもある、ヘンリー・キッシンジャーはこう語っている。 「新型コロナは世界秩序を永遠に変えてしまう可能性がある」、「そしてコロナ後の時代の秩序への転換に備える必要がある、ということを先延ばしにしてはいけないと呼びかけた。 」 彼はニクソン、フォード政権下で国務長官や大統領補佐官、さらに、ジョージブッシュの指南役としても手腕を振るった、アメリカ政界のフィクサーでもある。 世界秩序を変えるテクノロジー コロナが一つの時代の転換点となって、テクノロジーが社会に果たす役割は、これまでの何十倍にもなっていくだろう。 そうなった時に、世界の大手IT企業が裏でどんな繫がりを持っているのかを、しっかりと理解しないといけない。 私たちは それを、人類の進化と取るのか、管理と取るのか。 テクノロジーの社会への浸透は・・・人類の進化なのか? 人類の管理なのか? そして、今までに話してきたことが少しずつ現実に切り替わっていく。 それが、トランスヒューマニズム。 トランスヒューマニズムとは、人間と機械の融合や人体冷凍保存による延命など、肉体や精神を強化し科学技術によって人間の潜在能力を引き出す思想。 そして、ビルダーバーグ会議のメンバーでもある ニック・ボストロム氏は世界で初めて、トランスヒューマニズムを提唱した人物であり、 「世界トランスヒューマニスト協会」の創設者でもある。 そもそも、意識とは何なのか? 彼は、次のように語っている。 なので、生物学的なことに限るものではなく、意識自体をコンピューターにデータ化できるのではないか・・・ そうすれば、コンピューター上においても、人間と同じ動きをすることができると考えられています。 」 いまある肉体は消えても、意識だけの存在となり、精神を拡張していく未来が近い将来に在るのです。 AIの進化やこれから起こる人類のクラウド化によって。 近未来には、 人間の意識がデータ化され肉体が消えていく。 人間がロボットと合体する時代がくる?!「もうSFの世界では済まされない」 そしたら、2020年に入って日本の内閣府も発表したよね、ムーンショット。 内閣府発表。。 1つのタスクに対して、1人で10体以上のアバターを、アバター1体の場合と同等の速度、精度で操作できる技術を開発し、その運用等に必要な基礎を構築する。 その、サイバネティックアバター基盤を2030年までに、構築すると発表。 さらに、2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人間と共生するAIロボットを実現させるというのだ。 まさに、これは人が身体、空間、時間の制圧から解放される社会の実現となる。 あなたはどう思われますか? 人類が身体や脳、空間、時間の制約から解放された社会の実現を目標にすることを政府が正式に発表するというのは、正に破壊的イノベーションに相応しい目標と言えませんか。 古い価値観をすてて進化していかなければいけない。 そのタイミングが今、来てているということ。 コロナ禍の後、人々は他者との接触を恐れ、非接触型の決済システムを望むようになるでしょう。 つまり、これが意味するところはキャッシュレス。 これにも、問題点はあるが、それは別の機会に。 その、非接触の最先端を行くのが「amazongo」。 店内のカメラで消費者の手と商品を認識し、センサーによるトラッキングで誰がどの商品を手に取ったか把握して、支払いもレジを通すことなく自動で決済される。 このようなシステムを採用した店舗が増えていけば、確実にキャッシュレス化は加速していくだろう。 その、キャッシュレス化はもうすでに世界中で行われていて、物理的なお金をなくし暗号通貨に切り替え、それと並行して様々な決済において現金を必要としなくなる動きは多くの国で始まっている。 これからはAI・ロボットが浸透していき、非接触型のサービスが進化・発展していくのは間違いないだろう。 このようにして、世の中のニーズに様々なテクノロジーが合致して、新たなツールとして受け入れられて,いく時代になったのです。 フェイク情報に惑わされず、あなた自身の五感をフルに使って判断することが、このコロナ禍後の社会生活では大事になってきます。 今新型コロナウイルスで,未曽有の危機に瀕している地球。 特に甚大な被害を受けているスペインやイタリアでは医療崩壊を起こし、 誰を生かすのかという,非情な命の選択を迫られている。 と、語り番組を終えています。 ネット上のたくさんの情報から、必要なものを取捨選択して、それを繋いで、生きていく力にするのは、あなた自身の力で・・・ 信じるか信じないかは、あなた次第です。 完 ここまで読んでくださり、ありがとうございました。 参考:やりすぎ都市伝説2020SP / 内閣府HP.

次の