袴垂、保昌にあふこと 訳。 宇治拾遺物語~袴垂、保昌に会ふこと~②

大至急 古典訳お願いします。

袴垂、保昌にあふこと 訳

一〇 (二八) 袴垂保昌に逢ふ事 現代語訳• 昔、袴垂という、たいそうな盗賊の首領がいた• 十月頃、衣が欲しくなったので、衣を少し手に入れようとめぼしい所々を物色していると、夜中時分、人々がすっかり寝静まった頃、朧月夜の下を、衣をたくさん着込んだ男が、指貫の股立ちをつかみ、絹の狩衣のようなものを着て、ただひとり、笛を吹き、行き過ぎるでもなく、おもむろに歩いているので• ああ、これこそ、おれに衣をくれようと出てきた人だな• と思い、走りかかり• 衣を剥ごう• と思ったが、なんだか妙に恐ろしく思えたため、寄り添って、二、三町ほど行ったものの、誰かがつけて来ていると感づく気配もない• いよいよ笛を吹きながら行くので• 試してみよう• と思い、高い足音を立てて駆け寄ったが、笛を吹きながら振り向いたときの様子は襲いかかれそうにもなかったので、走り退いた• このように、何度もあれこれしてみるが、少しも騒ぐ気配がない• 稀有な人だ• と思いつつ、十町余りついて行った• だがやってみるか• と思い、刀を抜き、走りかかった時、今度は、笛を吹き止め、立ち止まって振り返り• おまえは、何者だ• と訊いたとき、気力が失せ、我をも失い、立っていられなくなった• 何者だ• と訊いたときは• 今度は逃げてももう逃がすまい• という気配が感じられたので• 追いはぎに候• と言うと• 何者だ• と訊くので• またの名を、袴垂と人は呼ぶ• と答えると• そういう者がいると聞いてはいる• 危なっかしい変わり者め• と言って• 一緒に、ついて来い• とだけ言いかけ、また同じように笛を吹いて行った• この人の様子から、今は逃げても、決して逃がすまい• と感じられたので、鬼に魂を奪われたように、ついて行くと、屋敷に着いた• ここはどこだ• と思えば、摂津の前司・藤原保昌という人の屋敷であった• 家の中に呼び入れられ、厚手の綿入れを一着与えられ• 衣が欲しくなったときは、ここへ来て申せ• 気心も知れぬ者に捕まるなど、おまえ、しくじるでないぞ• と言われたときは、言葉にならず、気味が悪く、おそろしかった• 凄い雰囲気の人であった• と、捕らえられて後に語った• 公開日 平成二十四年二月十六日 更新日 平成二十四年二月十六日.

次の

宇治拾遺物語『保昌と袴垂』(1)(2)現代語訳

袴垂、保昌にあふこと 訳

一〇 (二八) 袴垂保昌に逢ふ事 原文• 昔 袴垂とていみじき盗人の大将軍ありけり• 十月ばかりに衣の用ありければ衣少し設けんとてさるべき所々窺ひ歩きけるに夜中ばかりに人皆静り果てて後月の朧なるに衣あまた著たりけるぬしの差貫の稜はさみてきぬの狩衣めきたる著てただ一人笛吹きて行きもやらず 黎り行けば• あはれこれこそ我に衣得させんとて出でたる人なめり• と思ひて走り掛かりて• 衣を剥がん• と思ふに怪しく物の恐ろしく覚えければ添ひて二三町ばかり往けども我に人こそ付きたると思ひたる気色もなし• いよいよ笛を吹きて往けば• と思ひて足を高くして走り寄りたるに笛を吹きながら見返りたる気色取り懸かるべくも覚えざりければ走り退きぬ• かやうに数多度とさまかうさまにするにつゆばかりも騒ぎたる気色なし• 希有の人かな• と思ひて十余町ばかり具して行く• さりとてあらんやは• と思ひて刀を抜きて走り掛かりたる時にその度笛を吹きやみて立ち返りて• こは何者ぞ• と問ふに心も失せて我にもあらで蹲居られぬ• いかなる者ぞ• と問へば• 今は逃ぐともよも逃がさじ• と覚ければ• 引剥に候ふ• と云へば• 何者ぞ• と問へば• 字袴垂となん云はれ候ふ• と答ふれば• さ云ふ者ありと聞くぞ• 危げに希有の奴かな• と云ひて• 共に参で来• とばかり云ひ掛けてまた同じやうに笛吹きて行く• この人の気色今は逃ぐともよも逃さじ• と覚ければ鬼に 神取られたるやうにて共に行くほどに家に行き着きぬ• 何所ぞ• と思へば摂津前司保昌と云ふ人なりけり• 家の内に呼び入れて綿厚き衣一つを給はりて• 衣の用あらん時は参りて申せ• 心も知らざらん人に取り掛かりて汝あやまちすな• とありしこそあさましくむくつけく恐ろしかりしか• いみじかりし人の有様なり• と捕へられて後語りける• 公開日 平成二十四年二月十六日 更新日 平成二十四年二月十六日.

次の

平安時代最凶の盗賊、袴垂(はかまだれ)

袴垂、保昌にあふこと 訳

テスト勉強に活用してみてください。 その1 問1 「いみじき盗人」の意味は? A 並々ではない恐ろしい盗賊 問2 「十月」の旧暦の読みは何か? A かんなづき 問3 「さるべき」のここでの意味は? A 強盗するのにふさわしい 問4 「指貫」の読みは? A さしぬき その2 問5 「行きもやらず、練り行けば」の意味は? A 急いでいくこともなく、ゆっくりと静かにいくので その3 問6 「我に人こそ付きたれと思ひたる気色もなし」を現代語訳せよ。 A 自分に人がついていると思っている様子もない その4 問7 「走り退きぬ」は、誰がなぜしたのか? A 袴垂が、保昌に襲いかかることができそうもなかったから。 問8 「つゆばかりも騒ぎたる気色なし」を現代語訳せよ。 A 少しも慌てている様子がない。 問9 「稀有の人かな」と思ったのはなぜか? A 何度も襲いかかろうとしているのに、 少しも騒ぐ様子がないから。 その5 問10 「さりとてあらむやは」意味は? A そうは言っても、このままでいいのだろうか、いや良くない 何の進展もないのは良くない。 問11 「我にもあらで」とはどういう意味か? A 茫然自失の状態で 問12 「つい居られぬ」を現代語訳せよ。 自然と膝をついて座ってしまった その6 問13 「今は逃ぐとも、よも逃さじとおぼえければ」を現代語訳せよ。 A、たとえ今逃げたとしても、 まさか自分を逃す事はないだろうと思われたので その7 問14 「さ」の指示内容は? A 袴垂となむ、言はれ候ふ その8 その9 問15 保昌の発言にはどんな意図があるか? 袴垂にこれ以上罪を犯させないため。 人々が袴垂に襲われることを阻止するため。 その10 問16 今回の文章の中心的なテーマは何か? A 保昌の人間としての器の大きさを表している 以上です。 テスト勉強の参考にして、頑張ってください!!.

次の