狼勢い。 狼狩りツアーを行うことについて

ダークソウル3 (DARK SOULS III) 神攻略wiki

狼勢い

幸運な事に僕が虚偽のステータス申告をしている事は、まだ誰にもバレていないようだった。 「ふぁ……」 まだ日が昇り始めたばかりの早朝。 ギシギシと音を立てる寝台から起き上がった僕は、あくびを一つ鑑定紙に血文字で記された新しいスキルへと目を落とす。 ==================== 【スキル:孤軍奮闘】 状態:解放 《効果》 [ 能動 ( アクティブ )] 単独戦闘時、【武術】【魔法】【防御】【敏捷】【器用】【反応】のランクが一段階上昇。 自身が着々と強くなっているという実感を胸に、僕は今日もまた冒険者ギルドへと足を運ぶ。 めぼしい討伐依頼が見つからず、採取ついでに低位の魔物を倒せたら良いという軽い気持ちで受けた薬草採取の依頼。 「……っ!」 僕は慌ててホルダーから剣を引き抜く。 しかし戦狼の討伐依頼の適正ランクはスライムやゴブリンに比べて高く、オークに代表される中位の魔物と比肩する。 更に達の悪い事に、戦狼の雄叫びは周囲の戦狼を引き寄せる。 戦狼との戦闘が長引けば長引くほど、冒険者は窮地に追い込まれる。 逃げるという選択肢は僕には無かった。 仮に逃げようとしたところで僕の【敏捷】で逃げ 果 ( おお )せる気がしなかった。 剣を構えた僕と、その周りを徐々に距離を詰めながら旋回する三匹の戦狼。 その均衡が崩れるのは存外早かった。 「ガルルルルァア!!」 「……っ!」 油断なく僕の隙を窺っていた戦狼、その一匹が疾風の如く飛びかかって来る。 振り切った筈の剣が戦狼の上下の両牙で挟まれている。 戦狼の突撃の勢いを殺し切れなかった僕は、そのまま地面に押し倒された。 「くそっ……!」 口から悪態が溢れる。 かつて一人の冒険者から授かり、現在僕の振るう剣は 両刃 ( ・・ )の剣だった。 完全に地面に押さえ込まれた僕は、剣の柄と刃を両手で必死に支える。 「ぐっ……」 眼前に迫った戦狼の顔。 牙の隙間から生臭い息が漏れる。 刃が食い込んだ僕の左手からは間断なく血が流れ、何とか骨で止まっている。 もし僕がここで力を抜けば、剣の下にある僕の顔は両断される。 「グルルルルルッ!」 戦狼は獰猛な顔で牙を剥き出し、必死に刃を押し込もうと唸り声を上げる。 状況は最悪だった。 唯一の救いを挙げるとすれば、戦狼の下に押さえ込まれた僕を攻撃する 術 ( すべ )がなかったようで、残り二匹の戦狼は遠巻きに戦闘の様子を眺めているだけだという事だ。 しかしその二匹の戦狼も、仮に僕を押さえつけている戦狼が殺された際、ひとっ飛びで襲い掛かれる位置に身を置いていた。 「グルルルルッ!」 「ぐっ……」 戦狼は一層唸り声を上げて剣を押し込みにかかる。 信じられない咬合力で噛まれた刃がギリギリと音を立てている。 僕は必死の形相で剣を押し止める。 「ガゥッ!?」 「ギイ」と耳障りな音がして、僅かに剣が戦狼の口腔へと押し込まれた。 僕の腕が限界に達し初めているのと同様に、戦狼も長い間剣を噛み続けていた顎に限界がきているようだった。 「グルルルル……」 このまま剣を口内に押し込まれる事を嫌ったのだろう。 戦狼の押さえ付ける力が弱まり、鼻先まで迫っていた剣が徐々に持ち上がっていく。 僕は最後の力を振り絞って剣を押し上げ、その場から立ち上がる。 そして勢いそのまま反対側に押し倒した。 「ギャウ!?」 剣を押し込む力に加えて、僕の体重に加速度。 既に物言わぬ戦狼の 骸 ( むくろ )。 僕が剣を押し上げ、その場から立ち上がった時、既に残り二匹の戦狼は身を屈め後脚に力を溜めていた。 そして僕が戦狼を押し倒し、その頭蓋を両断した瞬間、二匹の戦狼は僕に向かって爆発的に跳躍した。 「「ギャウ!?」」 二方向から飛びかかった戦狼が、僕の頭上で激突する。 僕は二匹の戦狼が身を屈め後脚に力を溜める寸前、《倍速戦闘》の空間を最大まで広げた。 そしてその結果、空間内に存在する残り二匹の戦狼の【反応】【敏捷】が三段階上昇した。 【敏捷】のランク上昇は、脚力の上昇も意味している。 一瞬の間に跳ね上がった脚力への理解が追いつかなかった戦狼は、余りにも跳びすぎた。 体勢を立て直す前に、僕は片方の戦狼の首を両断する。 「……グルルルァ!」 そしてその間、体勢を立て直したもう一匹の戦狼が僕に飛びかかる。 僕はすぐ様反転、剣を横薙ぎに振るう。 何とか倒れずに踏み止まった僕は、両手で柄を掴む。 戦狼はその勢いを殺しきれなかった。 「……ガゥ」 牙を擦り抜けた剣は、そのまま頭蓋を分断する。 多量の血と脳漿を吹き出す戦狼の骸は、そのまま力無く地面に倒れた。 【《スキル:自動戦闘》の解放条件を満たしました】 【《スキル:自動戦闘》を解放しました】 ==================== 【スキル:自動戦闘】 状態:解放 《効果》 [ 能動 ( アクティブ )] 戦闘時、【全魔力】を消費して影の実体化。 実体化した影のステータスは【全パラメータ】が戦闘時の【魔法】のランクに統一。 戦闘終了後、実体化解除。 散々酷使したせいか、だらんと下がった左腕に力が入らない。 「……ああ」 絶望が形を成して眼前に迫って来る。 ただでさえ満身創痍の体で、更に四匹の戦狼など倒せる筈が無かった。 諦念の情が心を蝕んでいく。 僕は藁にもすがる気持ちで、【全魔力】を代償に《スキル:自動戦闘》を行使した。 「……っ」 鬱蒼と繁る木立の隙間を抜けた木漏れ日が、僕の後ろに薄く長い影を作っている。 しかし気付けばその影は姿を変え、僕と背中合わせに立っていた。 影は明度が 零 ( ゼロ )である事以外僕の生写しであり、先の戦狼戦で傷ついた剣すらも備えていた。 何故だか命令せずとも戦ってくれるという影への根拠の無い信頼が僕にはあった。 「……来い!」 僕は剣を上段に構え、敢然と牙を剥く。 影は剣を中段に構え、冷徹に前を見据える 心を覆っていた絶望は既に消えていた。

次の

モ娘(狼)

狼勢い

Contents• モンゴル民族は狼から生まれた 蒼き狼と白き牝鹿伝説 出典:光栄 チンギス汗の家系についての伝承では、彼の家系のボルジギン部の祖をたどっていくと蒼き狼と白き牝鹿から生まれたと元朝秘史に記述があります。 モンゴル民族にとって狼は、自分たちのルーツを表す重要な生き物であるということが分かります。 今日に至っても、モンゴル人は狼を「祖獣」、あるいは「天神の犬」として神聖視しています。 狩猟対象でもある狼 ただ一方で、家畜の保護のために狼は重要な狩猟対象でもあります。 神聖視しながらも狩猟対象であるという矛盾した狼に対する接し方こそ、モンゴル民族が持つ大きさを表していると僕は思います。 モンゴル人にとっての狼とは? 人間に媚びることなく孤高に生きる姿と、中華文明を拒絶して独自の文化を守ってきた自分たちの誇りを重ね合わせているのかもしれません。 ツオクトさんは乗馬中に狼を見つけると、お客さんのことなど構わずにものすごい速度で狼を追いかけて行きます。 その姿は、狼を家畜が生息する世界から遠ざけているようでもあり、「人間はこわいぞ」ということを伝えているようでもあり、「お前に出会えて嬉しいぞ」という想いを伝えに行っているようでもあります。 狼を見ることはとても良いこと モンゴルでは狼を見たら「とてもラッキーだ」と言われています。 モンゴル人は狼を「勢い」の象徴として見なし、野外で出会うことを「幸運」と考えられています。 「狼は自分たちより勢い優れたものにしか殺されない」と言われ、狼自身が優れた狩人であることと同じように、その狼を狩ることのできたモンゴル人狩人は、狼が持つ勢いを上回った優れた狩人であるということが証明されたということになります。 狼を狩るということは、モンゴル民族の先祖を狩るということと同じ意味です。 過去の自分自身を乗り越えることができたという民族としての成長をそこに重ね合わせているのかもしれません。 狼は害獣でもあり草原を守る獣でもある 狼は肉食なので、野生の動物を主に食べますが、冬になると家畜を食べに山を降りてきます。 遊牧民にとって家畜は大切な資産なので、食べられると困ります。 禁猟対象のユキヒョウに食べられた家畜は弁済される モンゴル西部のホブド県では、ユキヒョウに食べられた家畜は政府が弁償するという制度(ユキヒョウは決して狩ってはいけません)がありますが、狼には今のところそのような制度はありません。 年に数頭食べられるぐらいなら問題ないですが、狼が家畜を食べているのを放っておくと、たくさんの狼に狙われて家畜の大半を食べられてしまうこともあるようです。 狼は遊びで羊を噛むことがある また、狼の中には遊びで何頭もの羊のお尻だけをかじったりすることもあります。 かじられてしまった羊たちは数日後に死んでしまいます。 狼が頻繁にやってくるモンゴルの山奥での恐怖体験 遊牧民は狼がやってこないように犬を何頭か飼っていますが、狼がたくさんいるモンゴル奥地の山岳地帯では、 4月に新しく飼い始めた犬の 3頭が、 7月までには狼にやられてしまい、毎晩のようにゲルの隣で寝ている家畜を襲いにきます。 僕もホブドで宿泊していた時、夜中に家畜の走り回る足音が聞こえてくることがありました。 遊牧民のお父さんが外に出て狼を追い払いにいくので、僕も外にでてみましたが、闇に押しつぶされました。 ゲルの外では、真っ暗闇の中を家畜が必死に逃げ回る音だけが聞こえてきます。 その音は僕が家畜を追いかけた時のような音ではありません。 死の恐怖と戦って死に物狂いで走り回っている音です。 闇に向かって「チョー!」と言って狼を追い払わないといけないのですが、万が一狼にかじられたらどうしようという恐怖がすごくてゲルから離れることはできませんでした。 そこでは狼が自然界の頂点に君臨していました。 狼を追い払っていたお父さん 狼は家畜を食べることで草原を守っている 遊牧民にとって狼は大切な家畜を食い漁る天敵です。 しかし、狼は家畜を食べますが、逆に家畜を食べることによって草原に家畜が増えすぎることを防いでもいます。 草原に家畜が増えすぎてしまうと、草原の草が根こそぎ食べられてしまって砂漠になってしまいます。 モンゴルの草原は、砂漠や荒地になってしまうと草原に戻るまでには大変な時間がかかります。 家畜が増えすぎると、草原は砂漠になってしまい、家畜が死に絶えて遊牧民も生きていくことができなくなってしまいます。 狼が家畜を食べることで草原が守られているということでもあります。 遊牧民は狼狩りをしますが、家畜にとって邪魔だから絶滅させようなどとは誰も思っていません。 狼を狩りすぎないようにすることも、自然を守る優秀な狩人の条件です。 自然と生きる遊牧民 動物のことを考えてゲルを建てる 遊牧民は川の近くにゲルを建てません。 川の近くに人間のゲルがあると、動物たちが水を飲みにくるのに邪魔になりますね。 だからいつも川から離れたところでゲルを建てています。 人間は自然の一部であるということを体現して生きているのが遊牧民です。 狼を仕留めた狩人 狼を仕留めた狩人の表情も、仕留めた高揚感はほとんど感じることができません。 仕留められた狼に同情しているようにも見えます。 モンゴル民族の祖でもある狼を仕留めたということは、自分自身の先祖を仕留めたということになります。 しかしそれでも家畜を守るためには狼を仕留めなければならないという自然そのものが、そこにはあるのではないでしょうか。 狼への尊敬と、狼によって自然が守られていることをわかった上で、狼狩りについていく緊張感や狼に襲われるかもしれないという恐怖感は、自然界で当たり前に存在している命のやり取りをまざまざと体感できるのではないでしょうか。 狼狩りに同行して感じた恐怖 僕も狼狩りに始めてついて行った時、早朝の 5時から冷たい土の上に白い服を着てじっと狼がやってくる方向を双眼鏡で睨んでいました。 狼は滅多に人間の前に現れることはありません。 人間の匂いや人の音がするだけで離れていくので、音をたてないように、風下を選んで待ち伏せます。 目の前は狼の住処となる森の入り口と草原が広がっています。 双眼鏡には鳥やタルバガンが写っており、狼が近づいてきたら鳥たちも騒ぎ始めると思って動きを注視していました。 でももしかしたら賢い狼は人間がいることに気づいて、逆に裏をかいて後ろから襲ってくるかもしれない。。 目で周囲を把握するのが当たり前すぎて、後ろの気配とか匂いとかは全然わかりません。 後ろから狼に近づいてこられても直前まで気づかないと思います。 狼を待つ 2時間は恐怖との戦いでもありました。 結局、狼は現れませんでしたが、「帰るぞ」と言われた時はホッとしました。 逃げるように車に乗って扉を閉めてやっと安心できました。 狼が人間に向かってくることは無いと言われていても、怖いものは怖い。 狼を見ることはできなかったですが、狼を身近に感じることのできた貴重な経験になっています。 さいごに・・・ モンゴル人と狼との関わりは、モンゴル民族の自然との関わり方を間近に学べるチャンスでもあります。 狼に出会うツアーを通して、何かを得てもらえたらと思います。

次の

239時限目:はぐれ狼

狼勢い

プレイガイド• 攻略チャート• DLC ASHES OF ARIANDEL• DLC THE RINGED CITY• 攻略データ 近接武器• 射撃武器• アイテム• その他• システム 基本システム• キャラ・ステータス関連• 育成情報まとめ• 知識・考察・検証など• その他• 掲示板・お知らせ• 最新の30件• 説明 ファランの番人と共にある老狼 そのソウルの宿った曲剣 それは、かつての狼の狩りを再現し 攻撃が連続するほど攻撃力が高まり またHPも回復する 戦技は「狼の跳躍」 大きく回転しながら敵を斬りつけ またその勢いのまま 狼のごとき飛び退き強攻撃に繋げられる 基本性能 「ファランの番人」のランク1報酬となる。 App Ver. 11にて基礎攻撃力・R1のモーション速度が上昇。 13にて特殊効果の発動条件が緩和。 かつては筋力40技量40で攻撃力482だったが、現在は同条件で攻撃力533まで上昇。 エンチャント不可という欠点はあるものの、単体でも運用可能な性能を得るに至った。 それなりに重い分、チェインに組み込めると特殊効果が強み。 必要回数が法王の左眼よりも多い分、回復量は4倍。 見えない蓄積ゲージが存在し、蓄積値が溜まり切るとHPが120回復する。 蓄積ゲージは攻撃を当てると増加し、時間経過で自然減少していく。 蓄積値は武器・モーション毎に異なるが、片手・両手持ちでは変化しない。 また、ダメージなしの衝撃波・・・・魔法は蓄積値0。 効果が発動するための最短ヒット数についてはを参照。 App Ver. 13にて各蓄積値が見直され、少ないヒット数で発動するようになった。 特殊効果は法王の右眼や左眼、と掛け合わせることが可能。 また、画面左下の武器アイコンの表示されていれば他武器の攻撃でも発動する。 このため、左手にこれを装備して右手武器を両手持ちし、特殊効果のみを活用する戦法も可。 戦技「」の一段目はと似た、剣を地面に擦らせるような回転切りを行う。 二段目は切り上げつつ飛び退くようなモーションであり、切り上げる方向はスティック入力で自在に変更可能。 トリッキーな動きが可能ではあるものの、二段目は着地時の隙が大きくリーチも短め。 後退距離も中量ローリング約0. 6回分と短く、残念ながら一撃離脱には適さない。 終了直後のを阻止できない反面、相手のHP残量やエスト切れを見極めれば強力。 App Ver.

次の