プロテインダイエット口コミ。 DHCプロテインダイエットの悪い口コミを紹介−リバウンドや危険性など

THE ダイエット™の通販|マイプロテイン

プロテインダイエット口コミ

こんにちは。 プロテインダイエットをより有効にするために成功者の口コミを検証しました。 体重の増減は基礎代謝量や身体活動量で消費されるエネルギーと食事から摂取されるエネルギーのバランスによって決まります。 エネルギーを上手にコントロールするために食事をプロテインに置き換えるのがプロテインダイエット。 置き換えると聞くと「一食分をプロテインに置き換える」とイメージされる方がいるかもしれませんが、これだけでは逆に食事のバランスが崩れてしまい、栄養素が不足してしまう可能性もあるためあまりおすすめできません。 プロテインダイエットに成功した方の共通点や比較項目、置き換えサプリのポイントについて詳しく解説します。 また、リタスタイルで実際に使用しているプロテインを購入していただくことができます。 ぜひご利用ください。 プロテインダイエットを行う際の注意点を理解するだけで、ダイエットの成功率が全く変わります。 プロテインダイエットに成功した人の体験談を確認してみると• 筋肉を付けてリバウンドを防いでいる• プロテインダイエットと同時に筋トレやジョギングを行なっている• プロテインの摂取だけに頼っていない• 一食分をプロテインに置き換えるのではなく、メイン料理やおかずを置き換えている 4つの共通点が確認できました。 共通点を一つずつ詳しくみていきましょう。 筋肉を付けてリバウンドを防いでいる 人間の体は筋肉が多いほど代謝効率が上がりやすくなり、代謝が上がるほどダイエットによるリバウンドを防ぐ効果が期待できます。 プロテインダイエットに成功している人の多くは、プロテイン以外にも筋肉を付けるためにタンパク質を摂取して筋トレなどで活動量を増やしている方が多い傾向がありました。 筋肉が十分に付いている体を作れば、リバウンドしにくい体へと体質が改善され、ダイエットによる急激なリバウンドを防げます。 ちなみにリタスタイルでは、毎回のトレーニングの後にしています。 トレーニング後のゴールデンタイムにプロテインを摂取することで、筋肉量を増やすことができます。 プロテインダイエットと同時に筋トレやジョギングを行なっている プロテインダイエットに成功している方は、筋トレによる無酸素運動で筋力を向上させると同時に、ジョギングなどの有酸素運動で余分な脂肪分を燃焼している方が多いです。 実際にプロテインダイエットに成功した方の口コミを確認しても「プロテインダイエット以外に筋トレやジョギングを同時に行うことでさらに効果的にダイエットできる」という意見が多く挙げられていました。 プロテインの摂取だけに頼っていない プロテインダイエットに成功している人の多くは、プロテイン摂取だけに頼らず普段の食事からもタンパク質やカロリーを効率良く摂取している方が多い傾向があります。 しかし、普段の食事にそのままプロテインを取り入れてしまうと返って摂取カロリーオーバーになってしまうので、普段の食事で足りない栄養バランスをプロテインで摂取するように心掛けていきましょう。 一食分をプロテインに置き換えるのではなく、メイン料理やおかずを置き換えている 食事をプロテインに置き換える方法には注意が必要です。 ついつい1食分全てをプロテインに置き換えてしまい方がいるかもしれませんが、食事を置き換えすることでダイエットに必要な栄養素も十分に取れなくなってしまいます。 全ての食事をプロテインに頼るのではなく、メイン料理やおかずをプロテインに置き換えるなど、食事メニューを工夫してみましょう。 そうすることで不必要な栄養素が偏ることがなくなります。 プロテインダイエットに逆に失敗している方の3つの共通点 ここまでプロテインダイエットに成功した方の共通点を紹介してきましたが、次はプロテインダイエットに失敗した人に共通しているポイントを確認していきましょう。 プロテインダイエットに失敗している方に多い失敗談は以下の3つが挙げられます。 置き換えで極端に食事量を減らしている• 過剰たタンパク質の摂取• プロテインを飲み続けられない 置き換えで極端に食事量を減らしている プロテインは1食分の食事を置き換えるとカロリーの摂取量を大幅に減らせるメリットがありますが、あまりにも食事をプロテインに置き換えてしまうと返って体に与える負担を大きくしてしまうため気をつけなければいけません。 プロテインだけに頼り食事量を減らすことにより、体が飢餓状態になり、必要以上に取り入れた栄養素を体に蓄えてしまう可能性があります。 また、食事制限をし過ぎることもドカ食いやストレスの原因になってしまうので、極端に食事量を減らす行動はやめましょう。 プロテインダイエットに失敗している方の多くは極端に食事量を減らしたことが原因になっています。 過剰なタンパク質の摂取 過剰なタンパク質の摂取もプロテインダイエットが失敗してしまう1つの原因です。 プロテインのタンパク質は腎臓で処理されますが、過剰摂取してしまうとかえって負担を大きくしてしまうことに。 プロテインはタンパク質を直接体の中に摂取することで腎臓への負担のかけ方が異なり、慢性腎臓病などの病気を患う危険性があります。 腎機能の低下は時間をかけて行われますので、気が付いた時には重症になってしまう可能性もゼロではありません。 プロテインの過剰摂取によるタンパク質の取り過ぎには、十分に気を付けましょう。 プロテインを飲み続けられない プロテインを飲み続けられない人もプロテインダイエットが失敗してしまう原因の一つです。 プロテインは1回や2回だけ飲むだけですぐに効果が現れません。 毎日継続して摂取することで、体に足りない栄養分を補うことができ、余分なカロリーや栄養素を摂取しなくても良くなります。 毎日コツコツ続けることがダイエット成功への一番の近道です。 プロテインダイエットが体に与える3つの効果! プロテインダイエットが体に与える有益な効果には、以下の3つの効果が期待できます。 タンパク質とビタミン、ミネラルを効率的に摂取できることで代謝UP• 食事バランスを整えやすく、満腹感があり継続しやすい• 筋肉が付きやすくなり、痩せやすい体が作りやすい プロテインダイエットのが体に与える効果について詳しくみていきましょう。 タンパク質やビタミン、ミネラルを効率的に摂取できることで代謝UP プロテインを摂取することで、タンパク質やビタミン、ミネラルといった成分を効率的に体の中へと取り込めて代謝アップが期待できます。 代謝が良くなれば体の老廃物を溜め込むことなく、血流の流れが良くなりますので脂肪燃焼効率もアップできるでしょう。 食事バランスを整えやすく、満腹感があり継続しやすい プロテインは栄養価の高い飲み物です。 栄養価が高い分、食事のバランスを整えて必要な栄養を効率良く摂取できるメリットがあります。 さらにプロテインの中でもソイプロテインは飲むことで満足感を持続させることができ、ダイエット中の辛い食事制限を緩和させられます。 筋肉が付きやすく痩せやすい体が作りやすい ダイエットを成功させるには、タンパク質の摂取と筋肉を付ける運動は欠かせません。 筋肉が付くと基礎代謝が良くなり、太りにくく痩せにくい体を実現させることができます。 筋肉の多い人は基礎代謝が高い傾向がありますので、その分リバウンドによる急激な体重増加を防げますね。 プロテインダイエットの口コミやブログからわかるプロテインの比較項目 プロテインダイエットに関する口コミやプロテインの成分比較について解説します。 実際にプロテインダイエットによる口コミや比較項目については、以下の内容がありました。 プロテインダイエットに対する口コミやブログ プロテインダイエットに関する口コミやブログには様々な意見がありますが、その中でも多かったのが「ドリンクだけじゃきつかった」や「継続しなければ効果が現れない」という意見でした。 プロテインは、飲む種類によって1食分の食事としてカロリーを摂取できるダイエット方法です。 満足感が得られるという効果がありますが、中にはドリンクだけではすぐに空腹感や味に飽きがきてしまうという意見も多く挙げられています。 空腹感により暴飲暴食に走ってしまっては、逆にリバウンドの原因になりかねません。 プロテインダイエットを成功させるためには、継続して飲み続けることが大切です。 【比較項目】プロテインを選ぶ際の注意点 プロテインダイエットを行う場合には、ダイエットをする目的に合わせてプロテインを比較して選ぶことも大切なポイントです。 一般的にプロテインには• ホエイプロテイン• カゼインプロテイン• ソイプロテイン の3種類がありますが、どれも飲む目的と効果、タイミングが違います。 ホエイプロテインは筋トレで使った筋肉をすぐに修復するように消化吸収が早くできるように作られており、運動の直前直後に飲むのがベストです。 筋トレに比重をおく方におすすめできるプロテインになっています。 ガゼインプロテインはホエイプロテインとは違い、消化吸収に時間がかかり、運動をしない日や就寝前に飲むのがベストです。 満腹感が得られやすいアミノ酸を豊富に含んでいますので、筋力を増やさないダイエット方法に適したプロテインになっています。 最後に紹介するソイプロテインは、大豆で作られたプロテインであり、効果が持続しやすく満腹感が得られやすい特徴があります。 ソイプロテインは運動前に飲むのが効果的であり、サボニンや健康に良い働きをしてくれる「レシチン」など女性にとって嬉しい成分が多く含まれています。 夜置き換えサプリ飲む際に注意したい3つのポイント 夜置き換えサプリを飲む際に注意してほしいポイントは、以下の3つです。 ポイント1:置き換えダイエットの食品のタイプ• ポイント2:置き換えるタイミング• ポイント3:リバウンドしない体を作る 一つずつ詳しくみていきましょう。 夜置き換えダイエットの食品のタイプ 夜置き換えダイエットの場合、ダイエットする食品選びが重要です。 一般的に置き換えダイエットには「菓子型」と「ドリンク型」「ミール型」の3種類があり、どの食品を選ぶかによって効果が違ってきます。 まずは製品のタイプや特徴を理解し、自分の生活の中で無理なく続けられそうな置き換えサプリを選びましょう。 夜置き換えるタイミング 夜置き換えサプリを摂取するタイミング選びも重要なポイントです。 実際に置き換えるタイミングによって、ストレス度やダイエットに効果が変わってきます。 夜置き換える場合は外食や1日の中で一番カロリーを摂取する時間帯に食事を置き換えますので、ストレスは余計にかかります。 その場合は空腹の時間を少しでも解消できるように朝食や昼食の時間を少しヅラしながら食事を取りましょう。 夜置き換えサプリを選ぶ際は、食事の満足感が得られるミールタイプがおすすめです。 リバウンドしない体を作る 夜置き換えダイエットはカロリーだけでなく、体に必要な栄養素もカットしてしまうことで代謝が悪くなり、リバウンドしやすくなると言われています。 夜置き換えサプリでダイエットする場合は「ダイエット後の生活習慣」を常に意識しましょう。 ダイエットは食品に頼らず、自分の体を維持することが新たなスタートになります。 プロテインダイエットの比較方法 まとめ プロテインダイエットで成功した人の体験談や失敗談、夜置き換えサプリを選ぶ際の注意点について解説してきました。 プロテインダイエットは体に足りない栄養分を補給したり、タンパク質を効率良く摂取するために最適なダイエット方法です。 種類によっては1食分の食事に値するカロリーと満足感を得られますが、飲み続けることで効果が期待できる商品です。 プロテインダイエットの口コミや比較項目を理解し、理想の体に近づけるように努力していきましょう。 また、リタスタイルで実際に使用しているプロテインを購入していただくことができます。 ぜひご利用ください。

次の

【DHCプロテインダイエット 口コミ】最初の一週間でいきなり7kgの減量に成功

プロテインダイエット口コミ

プロテインダイエットの方法や口コミと効果!痩せない場合の対処法も! プロテインと聞くと、アスリートが筋肉を増やすために飲む物、というイメージがないでしょうか。 しかし、 最近はこのプロテインが「ダイエットに効く!」「綺麗に健康的に痩せられる!」と若い女性を中心に人気となっています。 では、なぜ プロテインは ダイエットに有効なのでしょうか。 そもそも、プロテインとは一体何なのでしょうか。 そこで今回は、プロテインダイエットについて調べてみました。 プロテインダイエットの正しい方法や効果、注意点の他、おすすめのプロテインなどもご紹介していますので、これからプロテインダイエットにチャレンジしてみたいと思っている方は、是非参考にして頂ければと思います。 プロテインダイエットとは? プロテイン(protein)は日本語に訳すると「たんぱく質」という意味になります。 つまりプロテインダイエットとは、たんぱく質を摂取するダイエット方法ということになります。 たんぱく質は、人の三大栄養素(炭水化物、脂質、たんぱく質)の一つであり、私達が生きていく上で欠かせない成分です。 たんぱく質は、筋肉や内臓、皮膚、髪、爪などの人のあらゆる部分を作るのに必要で、肉、魚、卵や乳製品に多く含まれています。 ダイエットでは「高たんぱく低カロリー」が基本と言われていることから、たんぱく質を摂取することはカロリーを抑えることと同じくらいとても大切なことと言えます。 しかし、これまでのダイエット法では、カロリーを抑えることばかりが注目されていたため、カロリーを抑える=食事の量を減らす、というのが主でした。 このため、必然的にたんぱく質の摂取量も減ってしまうため、筋肉量も減り、筋肉量が減ってしまうと基礎代謝が下がってしまうため、ダイエットを行うことで返って痩せにくい体になるデメリットがありました。 ところが、 プロテインダイエットではたんぱく質が不足することがないため、筋肉量を減らすことなくダイエットが行うことができるのです。 プロテインダイエットはどのような効果があるの? プロテインダイエットでは、体に必要なたんぱく質が不足しないため、筋肉量を減らさずにダイエットを行うことができます。 筋肉量が減ると基礎代謝も下がってしまうため太りやすくなってしまうのですが、プロテインダイエットにおいてはその心配がないと言えます。 ちなみに基礎代謝とは、生命を維持するために体がエネルギーを使用することを指し、睡眠時にも消費されています。 寝ている間にもカロリーが使われるため、この基礎代謝が高ければ高いほど痩せやすくなります。 基礎代謝は筋肉量と関係があり、筋肉量が多い人ほど基礎代謝量も高いと言われています。 そして、適度に筋肉がついた体というのは、ただ体重を落とすよりも均整がとれ引き締まった見た目となります。 特に女性が気になりやすいウエストや二の腕は、筋肉量を増やすことで体重の減少以上にイメージを変えることができます。 また、たんぱく質は髪や皮膚を作るためにも使われる成分ですので、ダイエット中にありがちなたんぱく質不足による髪のパサつきや肌荒れなども起きにくいと言われています。 プロテインダイエットが「綺麗に痩せられる」と言われている所以はこのあたりだと思われます。 プロテインダイエットの正しい方法 プロテインダイエットでは、主に粉末状のプロテインを水分に溶かして飲むのが主流となっています。 しかし、プロテインと名がつけばどれを選んでもよい、というわけではありません。 プロテインの種類によっては、脂質の量が多いものもあるため、ダイエット目的としてふさわしくない場合もあります。 そのため、 プロテインを購入する場合は、たんぱく質の含有量が70%以上で脂質が少なめのものを選ぶのがよいでしょう。 また、プロテインダイエットを行う上で最も大切なのがプロテインを摂取するだけではなく運動も併用する、ということです。 これは、たんぱく質を補うことで筋肉量を増やすだけではなく、その筋肉を使うことによって 脂肪燃焼効果を高めるのが目的です。 プロテインダイエットを行ったことがある方の中で、プロテインを飲んだら太ったという方が時々いらっしゃいますが、これは「プロテインを飲んでいたら痩せられる」と、運動を一切しなかったことが原因と考えられています。 プロテインは飲むだけで痩せる効果があるものではありません。 あくまでも筋肉量を増やし基礎代謝量を上げることが目的のため、運動を行わずにいると摂取したプロテインの分だけ過剰にカロリーが上乗せされることにもなってしまい、結果的には太ってしまうこともあるのです。 プロテインの効果的な飲み方は? プロテインの飲み方には、• 水に溶かす• 牛乳で溶かす• スポーツドリンクに溶かす の3つがありますが、ダイエットの目的によっても選ぶ水分が変わってきます。 牛乳は水やスポーツドリンクに比べて体内に吸収されるスピードが遅くなるため、その分腹持ちがよくなることから、置き換えダイエットにプロテインを利用する時にはお勧めと言えます。 しかし、牛乳には脂質が多く含まれるため、運動後や食事の前に飲む場合は、カロリーを抑えるという意味で水を選ぶのがよいでしょう。 プロテインを飲むタイミングはいつがいいの? プロテインを飲むタイミングをご紹介する前に、プロテインダイエットの方法をご紹介したいと思います。 プロテインダイエットには、主に下の3つの方法があります。 最も摂取カロリーを抑えることができるのは置き換え法です。 置き換え法とは、朝・昼・夜のどれか1食をプロテインのみにするというダイエット方法なのですが、例えば朝食に置き換えて1日の総摂取カロリーを300㎉減らすことができれば、計算上では1ヶ月で1. 25kgの減量を行うことができます。 また、食事の前にプロテインを摂取することで食事の量を減らす方法も、置き換え法ほどではありませんがカロリーを抑えるという意味では効果があります。 しかし、これら2つは空腹を感じやすくストレスが溜まりやすいことや、プロテインに含まれない栄養分が不足しがちになることから、体調管理が難しい面もあります。 このように、それぞれの方法によってプロテインを飲む方法が変わってきます。 なお、プロテインは運動後30分に摂取すると筋肉への吸収が高まると言われていることから、食事に関連したタイミングではなく、運動後に摂取するという方法もありますので、どれが自分の体に一番合うのかを見極めることが大切と言えます。 プロテインダイエット中でも運動や筋トレは必要? プロテインダイエットでは、運動は不可欠と言ってもよいでしょう。 たんぱく質は筋肉を作る成分ですが、筋肉を大きくするためにはやはり運動が必要となります。 置き換え法によるプロテイン摂取では、プロテイン自体のカロリーが低いため体重を落とすことは可能ですが、筋肉量が増えるわけではないので基礎代謝が上がりません。 このため、痩せやすい体質に変わっているわけではないのです。 リバウンドのないダイエットを目指すなら、プロテイン+運動がよいでしょう。 筋肉の元となるプロテインを摂取しながら運動をすることで、より効率的に筋肉量を増やすというのが本来のプロテインダイエットの目的となります。 ただし、運動と言ってもハードな筋トレなどは必要ありません。 軽いジョギングや水泳などで十分筋肉を増やすことができます。 また、プロテインを摂取して軽い運動をしても、筋肉がムキムキになることもありませんのでご安心下さい。 ダイエットに適したプロテインはどれがおすすめ? プロテインがダイエットに有効な理由がわかったところで、次におすすめのプロテインをご紹介したいと思います。 どれを買ったらよいか迷った時には、是非こちらを参考にして頂ければと思います。 ウィダー ウエイトダウンプロテイン ホエイプロテイン(動物性たんぱく質)とソイプロテイン(植物性たんぱく質)の両方を含んだプロテインで、ビタミンAやB群、C、D、Eなどのビタミンも同時に摂取することができます。 販売会社:weider URL: ザバス ウエイトダウン 女性らしい体つきを作るエストロゲンに似た働きをするイソフラボンが含まれている大豆プロテインと、ガルシニアエキス、11種類のビタミン、3種類のミネラルが配合されており、女性に人気の商品となっています。 販売会社:株式会社明治 URL: DHCプロテインダイエット こちらの商品は、運動後に摂取するプロテインというよりは置き換えダイエット方法に利用することが多くなっています。 1袋178㎉と低カロリーな上、味が多種で満腹感が持続しやすいのが特徴です。 販売会社:DHC URL: プロテインダイエットの注意点は? たんぱく質が体内に取り込まれると、胃や小腸で消化された後、肝臓にて必要なアミノ酸へと合成されます。 この際、不必要な成分は老廃物として腎臓に送られ、毒素を取り除いたものが尿として体外へ排出される仕組みとなっているのですが、 たんぱく質を多く摂取しすぎると腎臓への負担が大きくなってしまいます。 このため、 たんぱく質の1日の摂取量の目安は体重1kgに対して1gと言われており(筋トレを多くする方の場合は、体重1kgにつき1. 5gが推奨されています)これ以上の量を摂取することは控えた方がよいと考えられています。 例えば、体重60kgの人の場合は1日60gのたんぱく質が適切な摂取量と言えますが、鶏肉や豚肉、卵、豆腐、納豆など、私達が普段何気なく口にしている食べ物には、動物性・植物性のたんぱく質が豊富に含まれていることもあり、ダイエット目的としてプロテインを摂取する場合には、その摂取量に注意をすることが必要です。 特に、体がむくみやすい、トイレが近い・回数が多い、顔色が悪い、疲れやすい、血圧が高いなどの症状がみられる場合は、腎臓の機能が低下している可能性があるため、プロテインダイエットは行わない方がよいかも知れません。 プロテインダイエットの体験談や口コミ ・最初は一日一食から始め、ダイエット停滞期には一日二食の置き換えで、半年で9kg痩せました。 プロテイン飲んでおけばお腹が全く減らないということではないため、空腹にも耐えることが必要ですが、置き換えだけで痩せられたので結果に満足しています。 ・一日一食のみの置き換えで、三週間で2kgほど体重が落ちました。 他の二食で好きな物を食べているので、ストレスもないですし、体重もさることながらウエストが大幅に減ったのが嬉しかったです。 私にはとても合っているダイエットだと思います。 ・朝食の置き換えで1kgほど痩せましたが、それよりも私の場合は食べ過ぎてしまったなという時に、プロテインダイエットを始めるとすぐに1kg取り戻せるため、ベスト体重を維持するために利用しています。 ・一食置き換えと運動の併用で8kg痩せました。 プロテインダイエットは置き換えのみより、運動を一緒にした方が絶対効果が出やすいと思います。 プロテインダイエットで痩せない場合の原因と対処法! これまでのダイエットでは、カロリーのみを抑えることに気を注ぎ過ぎてしまい、たんぱく質が不足して結果的に筋力の低下を招いて基礎代謝が落ちて太りやすくなってしまいましたが、プロテインダイエットはダイエット中に不足しがちなたんぱく質を意識的に補うことで筋力の低下を防ぐことができるので、ダイエット中でも基礎代謝が落ちずに痩せやすい体を維持できます。 しかし、プロテインダイエットでプロテインを摂取しても、思うように痩せないと思う方も多いのではないでしょうか。 プロテインダイエットをしても痩せない原因として考えられるのは、プロテインを摂取しているだけだからです。 プロテインダイエットは、プロテインを飲めばそれで痩せられるダイエットではありません。 プロテインを飲むのはあくまでもダイエット中の筋力の低下を防ぐ目的のため、プロテインを飲むだけでは代謝を上げて脂肪を燃やすことはできないのです。 つまり、プロテインダイエットで痩せるためには、プロテインを飲んで運動をし、筋肉を増やすことが必要になります。 プロテインダイエットのまとめ プロテインダイエットは、代謝を上げるために欠かせない筋肉を落とすことなく減量ができるダイエット方法です。 さらに、運動をプラスすることで効率的に筋肉量を増やすことができ、引き締まったプロポーションを手に入れることができます。 女性は男性に比べて筋肉が少ないため太りやすいと言われていますので、筋肉を意識したダイエットはとても大切だと言えるでしょう。

次の

置き換えダイエット用プロテイン人気おすすめランキングと効果比較

プロテインダイエット口コミ

DHCのプロテインダイエットシリーズはスムージーやフレーク、さらにはリゾットといった様々なダイエット食品があり、その日の気分や食べた量に合わせ、選んで食べることが出来ました。 ダイエットがしたくても運動が苦手なうえに、食事制限も下手だったのでプロテインダイエットシリーズは本当に私にとってとても嬉しい商品でした! 私は朝食をドリンクやスムージーに置き換え、昼食・夕食はスープパスタやリゾットを必ず1品添えて、食べる量をそのままにカロリーを下げて食事をとっていましたが、食事内容を意識するようになって早3か月。 おなか周りが明らかにすっきりしてきました。 「食事制限をしている」というストレスがないので、リバウンドの心配も今のところはなさそうです!! 今後も上手にプロテインダイエットシリーズを利用して置き換えダイエットを成功させたいと思います! ちょっと食べすぎが続いた時や朝ごはんに使用しています。 ダイエットというよりはカロリー調整かな。 朝はいつもバタバタしているのでシェイクするだけなので楽チン。 たまにヨーグルトやバナナ一本も合わせて食べてます。 飲み会続いた時などは夜ご飯代わりに使用すれば体重もすぐに戻ります。 本気でダイエットモードの時は半年ぐらい夕食を置き換えていました。 半年間毎日、というわけではありませんでしたが、長い目で見て半年しっかりやると体重は7キロほど落ちて今は先程書いたように体重調整で使っています。 運動もプラスして行っているので栄養も豊富ですので助かっています。 味はまぁ、どのダイエット製品も同じような感じなので… そこまでマズイとは思いませんでした。 ずっと60キロくらいだった体重が、腰を悪くして運動をしなくなったうえ、昼にラーメンばかり食べていたら、73キロくらいになってしまった。 仕方なくダイエットすることにした。 酒は飲みたいので、DHCのプロテインダイエットを朝飲んで、昼はなし。 夜は何も考えずに酒飲んで好きなだけ食べることにした。 チョコレートやアイスクリームもわりと食べた。 それでも1日1食にするとどんどん体重は減り、2か月で73キロが63キロくらいに戻った。 腰はよくなったが運動も週に1回くらいしかしていなかった。 問題は、酒を飲みすぎた翌朝にプロテインを飲むと気持ち悪くなり、吐きそうになること。 酒を飲む量にもよるが、どうしてもプロテインを飲めないときもあった。 そういうときはあきらめて昼に軽くカレーライスなどを食べていた。 その後、コロナウイルスの拡大があり、抵抗力をつけるためプロテインはやめてまた昼にラーメンなどを食べていたら、1か月で70キロを超えてしまった。 コロナも収束しそうなので、またプロテインを飲んで1日1食にしている。 薬の副作用で体重が3キロくらい増えたことがあって、それを落とすために使いました。 お昼をプロテインダイエットで置き換えて、朝晩は普通(ただし揚げ物とかは避けましたが)に食べて、おやつは週1回程度、という感じでした。 あとは、努めて歩くようにしたくらいで、二カ月弱で体重を戻しました。 良かったこととしては、ドリンクだけでなく、ケーキやリゾットなど種類が沢山あったので、飽きずに続けられたことです。 特に噛んで食べる必要のあるものは、その分腹もちもよくなるし、初めのうちを除けば、腹もちも悪くなかったです。 悪かった点は、この手のものの宿命なのでしょうが、やはり味が人工的で、おひるが楽しみではなかったことでした。 途中ドラッグストアで他社のものを買ってみたこともありましたが、どれも同じように味気なかったので、そういうものだ、と、思ってはいますが、もう少し味の面では改善して頂けるとありがたいです。

次の