マリオ ストーリー。 攻略>マリオストーリー>バッジリスト

攻略>マリオストーリー>バッジリスト

マリオ ストーリー

このソフトは、2000年に発売されたニンテンドウ64用のアクションRPGです。 夜空のはるかかなたに星の国がありました。 そこで7人の星の精たちによって守られていた、願いをかなえる力を持つ「スターのつえ」が、大魔王クッパに奪われてしまいます。 そんな事件を知らないマリオのもとに、ピーチ姫からパーティの招待状が届きます。 マリオはルイージとともにピーチ姫の待つキノコ城へと向かうのでした。 強大な力を手に入れたクッパがワナをしかけているとも知らずに……。 マリオを操作してフィールドを冒険し、クッパにつかまった星の精とピーチ姫を助け出しましょう。 叩くといろいろな効果が現れる「ブロック」や、中に入れる「土管」など、マリオシリーズおなじみのしかけがいっぱいです。 敵とのバトルでは、タイミングよくボタンを押す「アクションコマンド」を使います。 強力な攻撃や防御などさまざまな技をうまく使えば、バトルを楽にこなすことができます。

次の

マリオストーリーの改造コード

マリオ ストーリー

マリオストーリー 基本 対応機種 開発 発売 発売日 価格 6, 対応機種 発売日 : : 価格 :1,000 :1,0円 その他• 対応 から要素を受け継いだ実質的な続編。 の開発は当時のが担当していたが、時代には両者の仲が悪く、このマリオストーリーの開発はのである「」が担当するようになった。 もから大幅に変わり、を始めがのようにべったいのが特徴。 このころはまだ「べったいこと」に対する意味はあまりなかったが、その後の「」ではがべったいことを生かした演出が大幅に強化されるようになり、以後このは「」としてするようになった。 重要な特徴として、の作品では所謂敵とされていた種族(、、など)が、マリオストーリーのでは王の住人として色々な所にに住んでおり、軍団所属のもの、など野生扱いのもの、いはドウの類以外は敵対していない。 前作でもモンスというが暮らしている町があったが、あくまでもこの町の住民は 心したであるため初めから民である今作のとはまた異なる。 および版のでも配信されており、約を払えば最新機種でマリオストーリーを楽しむことができる。 世代のも、それ以降の世代のも是非どうぞ。 戦闘システム このの面以外の特徴には、その独特ながあげられる。 まず、の初期は10()、初期攻撃は1~2(6)、の攻撃も10程度という としてはした数値になっており、これに伴ってがのとは少し異なる。 はかのどちらかを選んで攻撃するのだが、のようにが効かない敵や、のようにが届かない敵などがおり、使い分けが必要になる。 攻撃する際に与える(受ける)は「 自分(相手)の攻撃-相手(自分)の防御」として固定されており、及びどの敵の防御は0に設定されている。 そのためはならそのままを与えることが出来るものの、ひとたび防御を持った敵に遭遇するととたんに苦戦を強いられるようになる。 また、通常ののような意味での「・防具」といったものが存在せず、によって強化できるのは「()」「FP(フラワー)」「BP()」の三つだけであり、攻撃は冒険の要所要所で新しいやを手に入れた時にだけ強化されるため、実質基礎は固定されている。 装備・特技などに代わるとして がある。 には色々な効果があり、装備によって防御視、攻撃、などの技が覚えられるもの(技はかのどちらかに属しており、の同様FPを消費して繰り出す)、一定で敵の攻撃を回避するもの、触った敵にを与えるなどにを与えるもの、でならせずにたおせるものなど多岐にわたり、のに大きなを与える。 はそれぞれBP()が存在し、の持っているBPの範囲内でに付け替えることが出来、これによってをすることができる。 前述のように基礎がほぼ固定されているためどんなをつけるかが重要となり、他ののように「ただをあげれば勝てる」という対策が通用しなくなっている。 また、前作であった「 」が大幅に強化された。 これは技ごとに別々の動作(のでAを押す、制限時間内にを何度も左にはじく等)を要されるもので、成功するとが増えたり効果時間が延びたりする。 中には失敗すると何も出来ずに終わるものもあるため、このの基幹となる重要な要素であると言える。 以外には後述の達を一体に参加させることができ、の行動をしてくれる。 達には得意分野があり(地上戦向け、中戦向け、防御のある敵向け、炎の敵向けなど)、次第でが有利にも不利にもなる。 仲間 様々な種族が住んでいるため、やなど様々な種族がになり、各自得意な事が異なる。 一般的なのというよりはに近く、で特殊が使えるほか、時はの後ろについて毎固有の技を使用して攻撃できる。 の交代には1行動分かかるが、あるを装備していればで交代できる。 にはが設定されていないため、苦手な敵に攻撃したりを狙う攻撃を食らってを受けてもにはならないが、受けたの分だけ行動できなくなる 例:2受けたら2行動。 「」を連想させるをかぶったの。 豊富な知識を持ち、上ではそのの、では敵一体のを教えてくれる。 特にでは敵のや弱点を知ることが出来るので重宝する。 通常攻撃のずつきはのと同様の性であり、に戦えば強いほうではい。 しかし、次の攻撃の攻撃を上げるチャージを複数積み、れんぞつきをすると凄まじいになる。 いラにいーフの。 上ではに蹴ってもらうことで遠くのを取ってこれたり、を押したり、をしたり出来る。 の通常攻撃もラ状態で攻撃するため、同様のついた敵や炎で出来た敵などにも攻撃できる。 また、のでは反撃を受けてしまう前に対しても耐性があり、結果相手の反撃を一切受けない点が強み。 技は地上全体が対となる。 弱点は中の敵に対してはいっさいの攻撃手段を持たないこと。 のボディにの(導火線)をつけたの。 なだけあって気が強い。 でもすることでひびの入ったを壊すことができる。 も全てバクハツによる単体、全地上、全体攻撃と解りやすい性で大きなを与えることが出来るが、のわざの消費FPが総じて高いのが玉にキズ。 通常攻撃の体当たりはあまり強くない。 なお、のでするとのわざである「バクハツ(消費F)」をFPを消費せずに使うことが出来る。 ちなみに、今作品のという種族はしても死なず、爆で吹っ飛んだ後上からと落ちてくる。 配達員をしているトルをつけた。 中にを落としてしまい、それを探すのに便乗してと行動を共にする。 を持ち上げて短を飛び、通常のでは届かない場所へ行くことが出来る。 そのほか、を出している状態で所持しているの 受取人と話した時、そのを届けることができる。 中は中の敵に対して高い適応を持ち、通常攻撃のは頼りないがの敵にも攻撃でき、単体技のは全ての敵を狙う事が可。 いを頭の左右につけた色のの。 上ではに取り憑くことでの姿を消すことが出来、警備などをやり過ごすことが出来る。 同様のはでも使え、の初登場するではこのを使わないと強なチャージ攻撃を受けてしまう敵が多い。 時の通常攻撃が攻撃1で複数回ひっぱたくであるため、少しでも防御があるとまるでが立たないのが弱点。 他の同様人すらしていないが、そのらしい外見とツンとすました性格とでが高く、で「マリオストーリー」とすると一番多く登場するのは(とその)である。 を付けた、(のなどで床を回ってる)の。 火の玉ではなく玉であり、上ではを持つことでのように周りを照らすことが出来る。 ではを引き連れていないと暗すぎて攻撃すら出来ない場面があるほか、通常攻撃が攻撃(防御を視した攻撃)のため、硬い敵に対しても安定したを与えることが出来る。 上ではを乗せてを移動できる。 はを使った攻撃が体であるため炎をまとった敵に対して優位性を発揮する。 通常攻撃はで、系だが成功で攻撃のが大きくなるである。 一の欠点は一部ののが高いこと。 まっらのツッ。 上ではを乗せて移動することで付き床や溶岩の上を進むことが可。 通常攻撃はポ投げなので一切敵にふれずに攻撃可で、その他回避率を上げる技も持つ。 なお、彼は「」という名前が嫌いらしく、当初は「」と名乗っていた。 ナというがいる。 ボスキャラクター.

次の

マリオストーリー

マリオ ストーリー

次のマリオの相手は「ふじみのドガボン」だといいます。 ところがそこへ入ってきたカメックババ。 なんとドガボンのところから星のせいが逃げたとのこと・・・。 ふじみのドガボンの弱点を探るために、ピーチはまた部屋を抜け出します。 ちなみにまた部屋の中を調べて回ると、1回目と違うコメントが出ます。 なぜか語尾にはハートマークがつきまくりなんですよ・・・。 一番右端の部屋には「ふしぎなたからばこ」が置いてあります。 この中に入れたものは、ミステールの家の左にある宝箱から取り出せます。 で、ここに「ネガウノパワー」のバッジが入っているので宝箱に入れておきましょう。 左下の部屋に入ると、そこは書斎。 ゼルダの伝説時のオカリナのハイラル城の中庭 うおお説明が長かったみたいです。 トゲノコたちに見つからないように進んでいきましょう。 すると、「ピンチデガンバル」のバッジが落ちています。 面倒ですが・・・さっきのひみつのたからばこに戻って一応入れに行きましょう。 今じゃなくても別に良いですがね・・・。 一番奥に進むと、ハンマーブロスとトゲノコの会話が聞こえてきます。 「ドガボンはオバケが大好物」 「まよいの森の先のピューピューヒルの奥の城に住んでいる」 「何か知られたくない秘密がある」 「昔ドガボンは強くなんてなかった」という内容。 しかし直後、ピーチ姫は捕まってしまいます。 ちゃんちゃん。 マールから「ママのこもりうた」というワザを使えるようにしてもらいます。 さらに、スターパワーが2になりました。 さて、それではキノコタウンに戻りましょう・・・長い道のりですが・・・。 そこで「ヤッツケスピーン」「ピッキョローンC」「ニゲテモモラーウ」のバッジを手に入れて、「ウルトラキノコ」もとればOKでしょう。 そして、チャールズさんのところに戻ってきました。 すると、「へんなおきもの」をくれと言われます。 あげると星のかけらを一つくれます。 さらに重要なのは、 キャンプが撤退してどいてくれたあと。 キャンプがあった場所に生えているヤシの木を叩いて「クリじいへの手紙」をとりましょう。 ゴツゴツ山を戻っていきます。 そういえば途中にストーンブロックがありました。 今はスーパーハンマーがあるから壊せます。 ドカンと壊して進んでみましょう。 その奥にはスーパーブロックが。 仲間を誰か一人ランクアップできます。 クリオ、カメキとランクアップさせてきましたが・・・。 ぼくはピンキーを飛ばしてパレッタにしました。 ま、お気に入りの誰でも良いですよ。 ぼくはパレッタが好きなだけですので。 キノコタウンに戻ってきました。 ちょっと道場に来てみたら、「シショー」と「チェン」と「リー」がいます。 誰かと戦ってみたいんですが・・・。 というわけで、「チェン」と戦うことになりました。 まあこいつは・・・ いわゆるメットだ。 攻撃力は2、防御力も2、HPは15。 所詮はメットなので、ひっくり返せば防御力は0になります。 しかも起き上がるのに1ターンかかるから、毎ターンひっくり返していればダメージ0で勝利・・・。 勝つと、「しょだんのあかし」をもらえます。

次の