タナトス の 誘惑 読め ない。 タナトス

小説「タナトスの誘惑」自殺願望を描いた衝撃の結末。「夜に駆ける」との関係性は?

タナトス の 誘惑 読め ない

そんな注目度の高いAyaseさん。 今まで顔出しはしていませんでしたが(マスク姿はあり) 2020年5月25日の朝の情報番組「とくダネ!」で素顔を公開し、話題になりました。 本人の素顔をモデルとしているものなので似ていて当然ですが、今回始めての素顔公開だったので改めて納得しました。 この楽曲はサントリーから発売される新世代エナジードリンク「 ZONe Ver. 0」とのコラボ企画のために書き下ろされました。 そのコラボ企画とは「IMMERSIVE SONG PROJECT」 ZONeのコンセプトである IMMERSIVE 没入 をテーマにした新たな楽曲を人気アーティスト達が製作する企画で第1弾となる今回はYOASOBI、キズナアイ、花譜の3組が参加しています。 この曲の原作は、橋爪駿輝さんの 「それでも、ハッピーエンド」で、こちらも企画のために書き下ろされた作品です。 「美しすぎた過去」と「ままならない現実」と向き合って、再び歩き出そうとする姿を繊細かつエネルギッシュに描いた作品になっています。 製作予定のYOASOBIの楽曲の原作が決定 今年初めに開催された「夜遊びコンテストvol. 1」 こちらはYOASOBIの新曲原作を募集したコンテストです。 【大賞の2作品】 しなのさんの 「たぶん」 水上下波さんの 「世界の終わりと、さよならのうた」 楽曲は現在制作中のようですが、いつリリースされるかはまだ未定です。 すでに両作品とも公開されているので、楽曲が公開される前に読んでおいて理解を深めておくのもいいかもしれませんね。

次の

『タナトスの誘惑』を俯瞰|あめんぼ|note

タナトス の 誘惑 読め ない

沈むように溶けてゆくように 二人だけの空が広がる夜に 「さよなら」だけだった その一言で全てが分かった 日が沈み出した空と君の姿 フェンス越しに重なっていた 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ いつだってチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 触れる心無い言葉うるさい声に 涙が零れそうでも ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる 騒がしい日々に笑えない君に 思い付く限り眩しい明日を 明けない夜に落ちてゆく前に 僕の手を掴んでほら 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も 抱きしめた温もりで溶かすから 怖くないよいつか日が昇るまで 二人でいよう 君にしか見えない 何かを見つめる君が嫌いだ 見惚れているかのような恋するような そんな顔が嫌いだ 信じていたいけど信じれないこと そんなのどうしたってきっと これからだっていくつもあって そのたんび怒って泣いていくの それでもきっといつかはきっと僕らはきっと 分かり合えるさ信じてるよ もう嫌だって疲れたんだって がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君 もう嫌だって疲れたよなんて 本当は僕も言いたいんだ ほらまたチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 君の為に用意した言葉どれも届かない 「終わりにしたい」だなんてさ 釣られて言葉にした時 君は初めて笑った 騒がしい日々に笑えなくなっていた 僕の目に映る君は綺麗だ 明けない夜に溢れた涙も 君の笑顔に溶けていく 変わらない日々に泣いていた僕を 君は優しく終わりへと誘う 沈むように溶けてゆくように 染み付いた霧が晴れる 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に 差し伸べてくれた君の手を取る 涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けていく 繋いだ手を離さないでよ 二人今、夜に駆け出していく 解釈 夜の闇が空を覆い始めている様は、海の底に沈んでいくようでもあり、その中へ自分自身が溶けていくようでもある。 「さよなら」というメールが送られてきただけで何が起こっているのか全て理解した。 君はビルの屋上のフェンスの向こうで沈みそうな太陽を背に今にも飛び降りようとしていた。 夜が広がり、沈み始める日を見ていることから日の入り、即ち夕方ごろの出来事であることがわかります。 男性は「さよなら」とだけ書かれたメールを受け取りました。 彼女には自殺願望があることを知っているために、それを止めるために現場に駆け付けたところ、今まさに屋上のフェンスを越えて飛び降りようとする彼女の姿がありました。 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ 解釈 毎日が騒がしいけどそれについていけなくて笑うことも出来ない君だけど、僕が思いつく限りの楽しい日々を一緒に過ごさせてあげる。 真っ暗な夜の闇の底に落ちていく前に、僕の手をつかんで。 忘れてしまいたい過去や、思い出したくないような日々のことも僕が抱きしめてその体温で溶かしてあげる。 僕と一緒なら怖くないから、日が昇るその日まで一緒にいよう。 男性が彼女を励まします。 彼女は自殺願望があり、何かあるとネガティブになってしまうような性格の様です。 でも僕が一緒にいることで楽しい日々にしてあげるからと一生懸命彼女を励まします。 今まさに飛び降りようとしている彼女が目の前にいるという状況なので、彼女を守りたい、なんとかこっちに戻ってきてくれと呼びかけます。 解釈 君しか見えない「死神」という存在を見つめているときの君が嫌いだ。 彼女を連れ去ろうとする「死神」が嫌いなのではなく、その「死神」に恋をしているような顔をしている君が嫌いだ。 原作小説でも語られていますが、彼女には「死神」の存在が見えているようです。 死に憧れを抱いてしまう人は少なくないようですが、彼女もその一人であり、まさに「死神」に恋をしている様に見えます。 そして男性は、彼女がそんな自分以外のものに恋をしている様な目を向けていることに嫉妬しています。 信じていたいけど信じれないこと そんなのどうしたってきっと これからだっていくつもあって そのたんび怒って泣いていくの それでもきっといつかはきっと僕らはきっと 分かり合えるさ信じてるよ 解釈 ずっとこの先も信じていたいけど、信じることが出来ないことはこれからいくらでもあるだろう。 それでも怒ったり泣いたりしながら一つずつ乗り越えていくことで、いつか分かりあえるということを信じているよ。 男性からすれば「死神」という存在にいつ彼女が連れ去られてしまうか毎日とても不安です。 愛の形はそれぞれとは言え、この様な状況ではいつか男性の方が疲れてしまいそうなものです。 それでもいつか彼女はいつか前を向いて、そして僕と向き合って生きてくれるようになると信じて、何度でもぶつかり合おうと言います。 もう嫌だって疲れたんだって がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君 もう嫌だって疲れたよなんて 本当は僕も言いたいんだ 解釈 慌ただしく動いていく世界で何度でも君のために前向きな言葉を伝えてきたけど、どれも届かなかった。 君の言葉に釣られて「終わりにしたい」と口走ってしまったとき、君は初めて笑ってくれた。 男性は慌ただしい日常生活の中でも彼女のことを考え、様々な言葉を用意して何度も気持ちをぶつけてきました。 しかしどれも彼女に届くことはことはありませんでした。 とうとう男性は疲れてしまい、彼女に釣られて「終わりにしたい」という言葉が口をついて出てしまいます。 すると、それまで笑うことのなかった彼女が笑ってくれたのです。 騒がしい日々に笑えなくなっていた 僕の目に映る君は綺麗だ 明けない夜に溢れた涙も 君の笑顔に溶けていく 解釈 何をしても変わり映えも泣く毎日振り回されては泣いていた僕を、君は僕を終わりへと誘う。 それでも僕の心は霧が晴れていくようで、差し伸べてくれた君の手を取った。 ビルの屋上、吹き荒ぶ風の中に二人でしっかりと手を繋ぎ、夜を駆けるようにその身を投げた。 とうとう最後にはこれまで彼女を励まして来た男性が、彼女に手を差し伸べられて二人で一緒に身を投げてしまいます。 男性にとっての「死神」は彼女であり、これまで彼女が求めていたものは助けてもらうことではなく、男性を連れて行くことなのでした。 まとめ 小説を原案に制作された楽曲ということで、物語としても詩としても美しい描写や人間のドラマが盛り込まれています。 よりYOASOBIの世界を知るためにも、原作小説も併せて読むことをお勧めします。

次の

タナトス

タナトス の 誘惑 読め ない

概要 [ ] 概念的な存在で、古くはその容姿や性格は希薄であったが、次第に柔和で優しいヒュプノスに対してタナトスは鉄の心臓と青銅の心を持つ非情な神で人間にとっても神々にとっても忌むべき者となった。 姿は有翼 で剣を持ち 、黒い服を着た 蒼ざめた老人であるとも 、ヒュプノスによく似た青年であるとも書かれる。 寿命を迎える人間の髪を剣で一房切り取り、冥王に捧げ魂を冥界に連れて行き冥界の住民とする。 英雄の魂はが冥府に運び、凡人の魂はタナトスが冥界へ運ぶともされる。 太陽はタナトスとヒュプノスの姿を見ようとはせず、彼らは大地の遥か下方の奈落の領域に館を構えて住んでいる 、または冥界の門の近くにあるたち(夢)が絡まるの巨樹の周りタナトスとヒュプノスは住むという。 神話 [ ] 『アルケースティスを救うため死と闘うヘラクレス』 (1869年) の悲劇『アルケースティス』では、王が死ぬ代わりに彼の妻が夫の身代わりになる事になったが、約束の日の丁度の時に館に来たタナトスは、運命の女神たちを騙して人間の寿命を変えさせたアポローンを非難する。 タナトスは「アルケースティスの魂は奪われる」とアポローンから予言されても聞く耳持たず魂を連れて行こうとするが、アドメートスの友人が館を訪れ事情を知るとアルケースティスの魂を力でもって奪い返された。 またシーシュポスがゼウスの怒りを買った時、連行しようとするタナトスをシーシュポスは罠にかけて捕らえた。 そのため地上の人間が死ななくなり、これに気付いた軍神はタナトスを助け出し、冥界に連れて行くことができた。 「一三三 藪医者」では、藪医者に「お前は明日には死ぬ」と言われた病人の男が快復し、その後、藪医者に会った男は「冥界でタナトスとハーデースが最近人が死なないのは医者の所為だと怒り帳面に医者の名前を書き出していましたが、私は貴方(藪医者)だけはいわれの無い罪ですと言っておきました」と話した。 同書「七八 老人と死」では、老人が薪を担いで歩いていたが、老人は疲れて荷物を下ろすと自暴自棄になって死神に呼びかけて助けを求めた。 すると本当に死神が現れ「自分に何か用か?」と尋ねると、老人は慌てて「荷物を持ち上げてもらうためです」と答えた。 『ギリシア奇談集』第2巻35話「死と眠りは兄弟なること、の死」において、レオンティノイのゴルギアスの最晩年、体は弱りいつの間にかうとうとする状態で病床にあった時「眠りの神は私を兄弟神に引き渡し始めた」と親友に言った。 一説にはと兄弟であるとも言われる。 また、ヒュプノスとタナトスの兄弟のモチーフは、ではとその弟の死神として結実する。 ギリシア神話でのタナトスの役割からでの攻撃や自己破壊に傾向する死の欲動を意味する用語、: Todestrieb(参照)の同義とされる。 系図 [ ]• ヘシオドス『神統記』211-214• ヒュギーヌス『神話集』序文• キケロー『神々の本性について』3巻17• ホメーロス『イリアス』第十六歌 666-683• ヘシオドス『神統記』758-766• エウリピデス『アルケースティス』260• エウリピデス悲劇『アルケースティス』訳 登場人物• フェリックス・ギラン『ギリシア神話』ハーデースの補助神たち• ヘシオドス『神統記』755-767• 『』六巻268-280• フェリックス・ギラン『ギリシア神話』英雄たち編 ベレロポーンとコリントスの英雄たち 参考文献 [ ]• ヘシオドス『神統記』 訳 岩波文庫• ホメロス『イリアス』 訳 岩波文庫• ヒュギーヌス『ギリシャ神話集』 ・ 訳 講談社学術文庫• 『キケロー選集11』 ・ 訳 岩波書店• 『イソップ寓話集』 訳 岩波文庫• マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル 『ギリシア・ローマ神話事典』 大修館書店• 『ギリシア奇談集』・訳 岩波文庫• フェリックス・ギラン『ギリシア神話』訳 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の