ステレオ スペル。 【楽天市場】観葉植物 ステレオスペルマム5号陶器【ラデルマケラ・シニカ 観葉植物 開店祝い 新築祝い 敬老の日 父の日 誕生日プレゼント 引越し祝い インテリア おしゃれ 送料無料】【smtb

++ erectro sphere 3.0 ++

ステレオ スペル

冬 冬場も土に触れてみてまだ湿っていると思ったときは水やりをするタイミングではありません。 さらに、冬は表面だけ乾いていても中が湿っている可能性があります。 鉢を持ち上げ重さで確認することです。 分かりにくい場合は、割り箸を土の中に差し込んで湿っているか見てみましょう。 12月〜2月にかけては気温の低さの影響で生育が鈍ります。 この時期は 蒸発もスムーズにはできないので水やりの頻度を減少させましょう。 肥料・追肥 春と秋に液体肥料を使います。 特に 花が咲く時期に肥料を与えてあげましょう。 この時期に 肥料切れを起こすとすぐに花つきが悪くなります。 開花時期には、 1回のペースを10日間として考えて与えてください。 夏は暑いときがほとんど毎日続き、冬には生育が鈍りますので肥料を施す必要はありません。 また植え付け時に元肥を利用しても良いでしょう。 リン酸というのは、肥料三要素の一つで、リン酸以外には「窒素」と「カリウム」があります。 窒素には、葉っぱや茎に栄養が届きます。 カリウムには、根の生長を支える役割をします。 そして、リン酸には、花または果実の生長を助けてくれる働きをします。 植物にとっての主治医といったところです。 オステオスペルマムでは、 窒素・カリウム・リン酸を6:6:40の割合の肥料を使用してください。 用土 オステオスペルマムには 水はけの良い土を選ぶようにしましょう。 市販にある草花用培養土を用いることが簡単です。 用土を自作するのであれば、 小粒の赤玉土と腐葉土を7:3の割合で混ぜてください。 また赤玉土を4割に減らして、中粒の鹿沼土を2割程度混ぜ込んでも良いでしょう。 植え替え・植え付け・種蒔 鉢植えの場合は、 2年を目安として植え替えを実行しましょう。 鉢の中で根が張ることにより根と土が固まってしまいます。 鉢から取り出したらまずは根鉢を3分の1ほど手を使ってほぐしていきましょう。 一回り大きいサイズの鉢を用意して新しい土を入れてから植え替えます。 8号より大きい鉢で育てているときは根詰まりなどの生育に支障をきたすまでは鉢を変える必要はありません。 植え替えを上手くすると継続して花が咲きます。 そして、植え付けるときも同じです。 植え替えは 9月〜10月で植え付けは6月ごろに行いましょう。 オステオスペルマムの種蒔では秋まきで、種蒔は繁殖させる方法の一つです。 育苗箱に蒔いて育てる箱まきで行うようにしましょう。 箱まきのメリットとして雨で流されたり、虫から守ってくれるのでおすすめです。 種を蒔く時期も9月の中頃〜10月に執り行いましょう。 本葉が2・3枚に生長したら育苗ポットに植え替えます。 そして春の季節が訪れたときに定植します。 または、ポットの中で根が回っていたらプランターを利用して植え替えることもできます。 プランターに移植するときは苗と苗の間を30cmほど空けて植えましょう。 霜に当てないように軒下などに移動させてください。 用土は、草花用培養土にパーライトを混ぜ込むか、 赤玉土・腐葉土・パーライトを6:3:1の配合土で植えてください。 増やし方 増やし方としては 種蒔が一つあります。 他の方法には、 挿し木を行うことで増殖可能です。 挿し木では 、真夏と真冬は避けましょう。 主に5月〜6月または9月に行うと上手くできます。 挿し穂は若いものを使うので新しく伸びている部分をハサミなどを使って5cm程度に切ります。 挿し穂の半分より下の葉を取り除いてしまいましょう。 その後30分間水切りの方法で水揚げします。 発根促進剤を切り口につけてから用土に挿すとよく育ちます。 補足として水切りのやり方について説明します。 まず切り口を切るときに水中で行いましょう。 水につけて切除することで空気を侵入させないことと乾燥しないという理由があります。 そして切るときにも「刃切れのよいハサミ」を用いてさっと切ることです。 植物全般的に導管と呼ばれる水を吸収する管が通っています。 切断の際に潰さないようにするためにも一瞬で切り落とせるようにしましょう。 最後に、 切る角度にも注意しておいてください。 水平に真っ直ぐ切るのではなく斜めにカットしましょう。 斜めに切ることで切り口の面積が拡大しより吸水することができます。 このポイントを抑えることによって生長も良くなります。 増やし方法として株分けというものがあります。 株分けは植え替えを行う際に一緒に行います。 ハサミなどを使って切り分けたら新鮮な土に植え付けましょう。 株分けを行うときは、根が肉眼で見えるようになったときです。 管理温度 オステオスペルマムは 耐寒性には強く-5度までの耐性がついています。 発芽させるには、15〜25度が適温です。 育成温度も10〜20度が育成に適した温度ですので高温には気をつけましょう。 種類・品種 原産地を熱帯アフリカやアラビア半島などとしているキク科の植物です。 日本で流通している品種には、「 オステオスペルマム・バーベリエ」や「オステオスペルマム・フルティコサム」という園芸品種です。 開花が長期間も咲いている品種やディモルフォセカとの交配によって今までになかった色の花を咲かせる品種など種類は豊富です。 ディモルフォセカは管状花と舌状花の両方で種を作成します。 オステオスペルマムは舌状花のみでしか種を作らないというところが違う部分です。 見た目が両者ともそっくりですが、別の属に区分されています。 シリーズものとして「 ピクニック」「シンフォニー」という品種があります。 トリビア 風水 花の色によって風水の効果が異なります。 例えば 赤色の花を咲かせるものには、良い方向に運気を上昇させる効果があります。 黄色の花では、出世したい人や金運上昇に繋がります。 ピンクの花には恋愛運、白色の花は復旧の効果を発揮します。 花言葉 オステオスペルマムの花言葉には、 元気、無邪気、変わらぬ愛、ほのかな喜びという意味があります。 オステオスペルマムは ギリシャ語の骨という言葉と種子という単語が合わさって出来た言葉から由来しています。 そのため心も体も健康や健やかなという花言葉にもなっています。 由来伝承 オステオスペルマムはOsteospermumと書かれ、それぞれの生物に付けられた世界で共通する名前と生物学者のリンネが提唱し名付けられました。 Osteospermumはギリシャ語のOsteon(骨)とSperma(種子)という単語の合成語です。 和名には、 アフリカキンセンカと呼称されています。 別名 アフリカンデージーという名もあります。

次の

観葉植物の通信販売クローバー

ステレオ スペル

この記事のもくじ• オステオスペルマムはキク科の多年草で、きれいで大きな花をたくさん咲かせてくれる、鉢花としても人気の高い植物です。 そんなオステオスペルマムの育て方や気をつけたいポイントについて、この記事でご説明します。 オステオスペルマムの特徴について オステオスペルマムの花はキクの花に似ていて、黄色やピンク・紫など花色が豊富です。 原産が南アフリカなので鮮やかな花色をしています(アフリカ原産の花は鮮やかな見た目の花が多いです)。 草丈は30cmほどで、暖地であれば地植えでも鉢植えでも育てられます。 多年草なので地植えにすれば育てるごとに株が大きくなります。 寒い地方では、冬越しを考えると鉢植えでの管理がおすすめです。 オステオスペルマムの育て方スケジュール 時期になると苗(鉢花)が出回るので、苗を購入して育てるのが一般的です。 植え付けは真夏を避けた初夏と秋が適期です。 植え付け 6月〜7月、10月〜11月 開花 4月〜6月 オステオスペルマムがよく育つ土の性質 オステオスペルマムは水はけの良い土を好みます。 地植えの場合は2週間前に苦土石灰を混ぜて酸性を中和します。 その後、腐葉土を混ぜて通気性をよくしてください。 鉢植えなどに自分で土を作る場合は、赤玉土7:腐葉土3の基本的な配合の培養土を作りましょう。 オステオスペルマムに必要な肥料 オステオスペルマムは苗を植え付ける時に、元肥として緩効性肥料を土に混ぜておきます。 花数が多いので、開花期間中は月に3回ほど液肥を与えます。 液肥だと即効性があるので、根からすぐに栄養が吸収されます。 オステオスペルマムを植える時のポイント 苗を植える時 ポット苗を植え付ける時は、少し根鉢を崩してから植え付けてください。 地植えの場合は、比較的大きくなりやすいので30cmほど広めに株間をあけて植え付けます。 オステオスペルマムを育てるのに適した場所 オステオスペルマムは日当たりと風通しの良い場所で育てます。 高温多湿に弱いので、夏は日が当たりすぎる場所はさけて半日陰の涼しい場所がおすすめです。 寒さが厳しい地域は、鉢植えの場合は冬は室内で管理します。 暖地の場合は、屋外でも冬越しが可能ですが、腐葉土やワラを使ってマルチングをすると根が凍るのをある程度防げます。 オステオスペルマムの水やりの頻度 植え付けて根付くまではしっかり水やりをしてください。 地植えの場合 地植えの場合、根付いたあとは基本的に水やりは不要です。 プランター・植木鉢の場合 プランターや植木鉢の場合は土が乾燥しやすくなっているので、土の表面が乾いているのを確認してからしっかり水やりをしてください。 オステオスペルマムは花がら摘みをする 花数が多く、次々に花を咲かせるので咲き終わった花はこまめに摘み取りましょう。 花がらを詰むことで次の花が咲きやすくなります。 オステオスペルマムは花後に切り戻しをする 夏の暑さには弱いので、夏越しと蒸れを防ぐのをかねて花全体が咲き終わったら、全体を軽く切り戻してください。 切り戻しをして短くすることによって、株を休ませることができます。 挿し芽で株が増やせる オステオスペルマムの株を増やしたい場合は、挿し芽をすることで増やせます。 真夏を避けた初夏と秋の時期が挿し芽のタイミングです。 新しい枝を6cmぐらいの長さで切り、1時間ほど水あげをしてから湿らせた赤玉土に挿して根が出るまで明るい日陰で管理します。 土が乾燥しないように管理すると、根が出てくるのでポットに鉢上げして日当たりの良い場所で育ててください。 ベーシックな見た目でどんな庭にも馴染みやすい! 他のキク科の植物ともよく間違われやすいシンプルな見た目のオステオスペルマムですが、その分どんな庭でも馴染みやすいのでおすすめです。 花色も鮮やかでたくさん咲くので、一株育てるだけでも明るい雰囲気になりますよ。 ぜひ一度オステオスペルマムを育ててみてはいかがでしょうか。

次の

たくさん咲かせるオステオスペルマムの育て方!さし芽の方法も

ステレオ スペル

この夏に購入したステレオスペルマムのライムですが、 つい先日まで、新芽が次々と出て上へ上へとすくすく育っていたのに、 このところ、下の方や所々の葉が黄色く変色したかと思うと落ちてしまいます。 購入してしばらく、水をやり過ぎないようにと数日何もしないでいたら、同じような症状になり、 それからはコンスタントに水遣りをする事で元気だったのですが…。 水遣りは表面が乾いてからたっぷりと、場所はカーテン越しに日光の当たる場所です。 過去ログを検索すると、根詰まりというアドバイスが多かったのですが、 夏に購入したものでも必要でしょうか。 また、この季節の植え替えをしても大丈夫でしょうか。 地域は関東で、天気の良い日は日中は半そででもいられる日があります。 アドバイス、よろしくお願いいたします。 室内に長く置かれていたために元気をなくしているのかなと。 成長期は外に出して日光に当てて育てるといいかもしれませんね。 また冬の間も、できればカーテン越しではないガラス越しの日光に当てるといいでしょう。 (暖地では屋外で冬越しします) ただしある程度の耐陰性もある植物ですし、今まで大丈夫だったところを見ると落葉の直接の原因は別にあるかもしれません。 生長が早い植物なので、おっしゃる通り、根詰まりかもしれませんね。 根鉢がかちかちに固まっていたり、水やりをしてもなかなか染み込まなかったりするでしょうか? その場合は根鉢を崩さずにひとまわり大きな鉢に植え付けてはどうでしょう。 本格的な植え替えは来年の初夏〜梅雨明けまで待ちます。 思いがけず生育が良いので安心しきっていましたが、直射日光が好きで屋外でも良いとは思いませんでした。 カーテン越しでなくても良かったのですね。 数日天気が良くありませんが、晴れた日に屋外に出してみようと思います。 表面の土が乾く頃に、上の方の新しく出始めた葉がしんなりして来るので、 それがを目安に水遣りをしていましたが、最近はそうなる前に葉が黄色くなり、時間が経つと落ちてしまうようになっていました。 上の方は元気で、主に下の方と、途中の所々のはだけが黄色くなり落ちています。 早急にやってみます。 どうもありがとうございました。 植物は置かれた場所になじもうとするので、たまに置き場所を変えるのは好ましくないと思います。 日射しが弱まっているとは言え、たまに表に出すと葉焼けを起こすこともありますよ。 高温期にそれを繰り返すと根が軽く傷み、落葉しやすくなります。 葉を落とすことによって、蒸散を抑えようとするわけです。 植え替え(鉢増し)よりも、水やり方法の見直しが必要かもしれませんね。 そうなんですか。 水をやり過ぎて根腐れする事を恐れてばかりいました。 一枚二枚の葉が黄色くなり始めた頃には、頻度を増やして 上の方がしんなりしていなくても水やりをしていたのですが、 どうにもタイミングがわかりませんでした。 実際に表面が乾いていても、中の土はそれほどでもないのでは?と思っていたので初めはあまり水をあげていなかったら、 どんどん葉が落ちてしまったので、足りなかったかと思い、 2日に一度くらいの頻度で水をあげていました。 (土の表面は乾いていました。 ) そしてしばらくはすくすく育っていたのですよね。 そういえば、風は直に当たらないのですが、ごくたまにファンヒーターをつけるようになってからです。 今想い出しました。 用土によっては乾き具合が分かりづらいこともあります。 その場合は適期に、ご自分の使いやすい、乾き具合の分かりやすい用土に植え替えるといいのですが。 また土だけではなく、やはり植物の様子をよく観察するとタイミングがつかみやすいと思います。 その辺のタイミングについては、言葉で説明するのが難しいのですが・・・ 慣れてくれば、しおれや落葉が起こる前に水を与えることができるようになるでしょう。 もっとも、夏の間はさほど気を使う必要はないと思います。 極端なことを言うと、夏の間は屋外の適切な環境で育てている限り、ステレオスペルマムを含む多くの熱帯・亜熱帯植物に対して、毎日・朝晩水やりをしても根腐れを起こすことはまずないと言っても過言ではないと思います。 (多肉植物などを除く) 基本はやはり用土の乾き具合を確認してから、ですが。 水の与えすぎに注意が必要なのは、主に気温の低い時期・環境にある時でしょう(日照不足の時も)。 ご参考まで。 そうだったのですか。 少し水やりに臆病になっていました。 他の観葉植物も一緒に購入したのですが、ステレオスペルマムが最も水を好むようでした。 ちなみに、ミニ鉢のコリウス等は最初の3倍くらいに大きく増えたので植え替えをしたところ、その分水遣りの間隔が遠くなりました。 素人考えですが、器が大きくなれば中の水分の持ちも違うのかも? という事は、今の鉢ではもう小さいのかも知れません。 それにしても、相変わらず次から次へと新しい葉の出る準備をしていて上の方はとても元気なのに 途中が分散した場所で元気な葉もある中、一枚ずつ枯れるのはとても不思議なものですね。 早急に大き目の鉢に植え替えして、表に出してみようと思います。 どうもありがとうございました。 お住まいの地域は分かりませんが、多くの地域ではそろそろ室内に入れる時期です。 私の住む関東では、ステレオスペルマムは屋外に出しっぱなしで冬越しはするものの、ほとんど落葉してしまいます。 同じくらいの気温の場所にお住まいなら、屋外に出すのは夏の間だけにした方がいいでしょう。 表に出すのは来年の4月くらいに。 その際、はじめは葉焼けを起こしやすいので半日陰から慣らします。 鉢が大きければ、当然水のもちもよくなりますね。 繰り返しますが、今の植え替えは根鉢を崩さないように。 こちらも同じく関東(横浜)です。 では、今からは室内で良いのですね。 数日悪天候なので、日光不足に拍車をかけてしまいそうですが おっしゃるように、根鉢を崩さないよう気をつけてやってみます。 また何かありましたら質問させていただきますので、その時はよろしくお願いいたします。 ありがとうございました。 上の「おすすめメールを送る」ボタンを押して、メール送信しますと、自動的にこのページの「ホームページアドレス」が、おしらせメールの中に差し込まれますので、便利ですよ。 ご利用くださいね。 お客様の個人情報を考慮し作成させていただいております。

次の