ジョジョラビット。 ジョジョ・ラビット

『ジョジョ・ラビット』レビュー

ジョジョラビット

第二次世界大戦下のドイツを舞台に、空想上の友達であるヒトラーに背中を押されながら立派な兵士を夢見て日々奮闘する 10 歳の少年ジョジョを描く、 タイカ・ワイティティ監督最新作『 』が公開中だ。 第 44 回トロント国際映画祭にて最高賞<観客賞>に輝き、第 92 回アカデミー賞では作品賞含む 6 部門にノミネートされている世界大注目の作品は、 2020 年 1 月 17 日(金)より日本でも公開がスタート。 1 月 26 日(日)までの 10 日間で累計興収は 1 億 7,000 万円を突破し、日本中で大ヒットを記録している。 2018 年出演作『足跡はかき消して』では、同年の放送映画批評家協会賞の若手女優賞にノミネートされ、ティモシー・シャラメ主演の Netflix オリジナル映画『キング』( 2019 )では、ヘンリー五世に扮するティモシーの妹フィリッパを演じるなど、現在19歳にしてハリウッドが今最も注目する若手女優のひとりだ。 隠し扉に匿われたユダヤ人の少女ということで難しい役どころだったと思いますが、エルサを演じてみていかがでしたか? とっても大変でした。 「エルサ」という役柄自体がこれまでの歴史を背負っていて、この役柄を通して物語を伝えることに、とても大きな責任があると感じたんです。 できる限りのリサーチをして、全力でこの役を演じきることができれば、と思いました。 演じていて難しい役ではありましたが、過去の残虐な行為を世界全体が忘れないように何度も繰り返して伝えることが大切だと思ったので、「エルサ」という役を演じる機会に恵まれてとても幸運でした。 実際は役作りをする上で、何か意識したことはありますか? この役の話を頂いてすぐに、それこそ『アンネの日記』やアンネのような経験をされた方々が執筆した物語を読みました。 第二次世界大戦やホロコーストなどの歴史についても、何度も何度も学び直しましたね。 でも、役作りのなかで一番重要だったのは、プラハ(映画の撮影地)に着いてすぐにユダヤ人地区やユダヤ教の礼拝堂、プラハのはずれにあった強制収容所を訪れたことです。 役作りにおいては、多くの歴史を持つ場所に、物理的に身を置くことが一番重要なことだと思います。 ある意味ローマン君との共演で、ご自身のキャリアの始まりを思い出したのではないでしょうか。 懐かしい気分になりましたか? そうですね … 少しだけかな。 ローマンは私が最初に映画出演した時よりもずっと感情的に大人でしたね(笑)。 演技も私より上手で …。 私は映画に初めて出演したのが 9 歳なんですけど、かなり楽しんでいた記憶があります。 ローマンみたいな大人っぽさ、責任感はなかったですね(笑)。 その時、誰かが咳をしているのが聞こえて。 なんだか息を詰まらせているような声がしたんです!ふたりでローマンじゃない?って彼の部屋に駆けつけてみたら、そこで喉に何か詰まらせているローマンがいて …。 なんとか吐き出させてローマンは無事だったんですけどね。 あの子、魚の骨を喉に詰まらせていたんですよ(笑)。 これがローマンとの一番の思い出かもしれませんね。 とても素晴らしい機会に恵まれて、美しい仕事ぶりで。 彼の美しい演技を観ていることが大好きでしたね。 観光など、滞在中は何か楽しいことをしましたか? 『ジョジョ・ラビット』の撮影中に、ロンドンに行ってきました。 というのも、同じ期間に Netflix オリジナル映画『キング』の撮影があって、ロンドンの郊外に滞在していたんです。 その間は旅行したり、街を散策したりしました。 それから、プラハの近くにある国際映画祭が開かれる「カルロビ・バリ」という都市に行きました。 カルロビ・バリまで田舎道をドライブして楽しみましたね。 『ジョジョ・ラビット』の撮影中は遠出は許されていなかったので、思うようには旅行はできなかったです …。 ずっと尊敬していた女優だったので、一緒にお仕事ができてワクワクしましたね!彼女って、とても愛くるしくて愉快な人なんです。 一緒にいてとても刺激になりましたし、今も仲良くさせてもらっています。 そういえばトーマシンさんもタイカ監督もニュージーランド出身ですけど、『ジョジョ・ラビット』で共演する前からお互いに知っていたんですか? タイカはニュージーランドではかなりの有名人でしたし、成功者でもありました。 しかも、一風変わってるけどカッコいい映画をたくさん世に出していたので、ずっと尊敬していました。 けど、『ジョジョ・ラビット』以前は会ったことはなかったんです。 初めて面会したのはスカイプを通して。 『ジョジョ・ラビット』の 2 回目のオーディションだったんですけど、タイカは「ザ・良い人」って感じで、面白くてユーモアのある方でした。 同時にこの作品に対してはかなりの情熱を注いでいたので、彼にとって意味のある作品なんだと思います。 たくさんのアイディアを盛り込んでいましたし。 タイカのようなレジェンドの作品に携われてとても光栄でした。 ずばりマーベル映画に出演してみたいですか? そうですね。 マーベル・ユニバースのスーパーヒーローのー員になれたらとっても楽しいでしょうね。 あのグループの中に加われたらすごくカッコいいですよ。 小道具など何から何まで素敵でした。 プロダクション・デザイナーのラ・ヴィンセントという方がチームを率いてくれました。 彼が手掛けてきた作品が何度も映画賞でノミネートされていて、今回も( 2020 年第 92 回)アカデミー賞美術賞にもノミネートされていました。 将来、どのような役を演じてみたいですか? 私は、何か特定のジャンルという風に自分を縛りたくないので、どんな役でも来るもの拒まず、まずは脚本を読むようにしています。 それから人と会って、作品に携わってワクワクするかどうかを確かめてみたいんです。 こんな機会に恵まれて私はとてもラッキーなんだと思います。 そういえば、ずっと前から言っていることなのですが、エイリアンとかエルフとか、非現実的なキャラクターを演じてみたいんです!だから、そういうオファーが来たら嬉しいですね(笑)。 今までにご一緒した監督はみんな尊敬しています。 それぞれ視野が広く、ユニークですし、彼らの作品はどれも美しくて。 『ピアノ・レッスン』( 1993 )のジェーン・カンピオン監督( NZ 出身)とは是非ご一緒したいですね。 ケン・ローチ監督の作品も好きです。 ご一緒したい素晴らしい監督がたくさんいるので、絞るのが難しいです …。 とても素晴らしい女優さんですよね!あとは先日『ずっとあなたを愛してる』( 2008 )という映画を観たんですけど、主演のクリスティン・スコット・トーマスの演技がとても美しかったですね。 それから『メランコリア』( 2011 )のキルスティン・ダンストも素敵でした。 他には、ベン・フォスター、ヴィオラ・デイビス、ウィレム・デフォーかな。 『風と共に去りぬ』( 1939 )や『サウンド・オブ・ミュージック』( 1965 )、『雨に唄えば』( 1952 )とか、とても古い映画です。 それから、宮崎駿監督の作品も全部好きなんです!『となりのトトロ』、『千と千尋の神隠し』、『ハウルの動く城』も大好きですね。 来日の予定はありますか(笑)? 実は 12 歳の時に親友と日本を訪れたことがあるんです!とっても楽しかったです。 いままで見たことないテクノロジーが発達しているような印象でしたね。 それから私、小さいものに夢中で、ハローキティが好きなんです。 トーマシンも近々日本を訪れますよ。 インタビュー中に言及された『Last night in Soho(原題)』とは、 『ベイビー・ドライバー』(2017)のエドガー・ライト監督による本格スリラー作だ。 『ジョジョ・ラビット』では難しい役どころを魅力たっぷりに演じ上げた彼女の、今後の更なる活躍に期待しよう。 映画『ジョジョ・ラビット』は 2020 年 1 月 17 日(金)より公開中。

次の

T・ワイティティ、監督・脚本・ヒトラー役も! コメディを武器に偏見や独裁に挑んだ『ジョジョ・ラビット』

ジョジョラビット

あらすじ [ ] 中、孤独なドイツ人少年のジョジョは周囲からいじめられており、ののみが救いだった。 ある日、母親が屋根裏にユダヤ人の少女を匿っているのを発見したことから、政治的な考えが変わり、ヒトラーのに向き合うことになる。 ヨハネス・"ジョジョ"・ベッツラー: () - 10歳の少年。 エルサ・コール: () - ユダヤ人の少女。 ロージー・ベッツラー: () - ジョジョの母親。 : () - ジョジョの空想上の友達。 クレンツェンドルフ大尉: ()• フロイライン・ラーム: ()• フィンケル: ()• ディエルツ: ()() -。 ヨーキー: () - ジョジョの親友。 製作 [ ] 2018年3月、タイカ・ワイティティが監督を務めるだけでなく、「主人公のの」として映画に出演することも明らかになった。 ワイティティは役について「孤独な少年のヒーローの最高のバージョンであり、彼の父親のような存在。 」と語った。 同年同月、が「密かに反ナチスである主人公の母親としてキャストに加わった。 同年4月、が「ヒトラーユースキャンプを運営するナチスのキャプテン」としてキャストに加わった。 同年5月、が「ヒトラーユースキャンプに若い男を呼び込むために雇われた粗野なインストラクター」として、新人のが主人公として、が「ヨハンソン演じる母親が自宅に隠しているユダヤ人の少女」としてそれぞれキャストに加わった。 同年6月、が「ロックウェル演じるキャプテン・クレンツェンドルフの副官フィンケル」として、 ()が「のエージェントのキャプテン・ディアッツ」としてそれぞれキャストに加わった。 撮影 [ ] 主要な撮影は、2018年5月28日に開始した。 2019年2月に再撮影が行われた。 公開 [ ] 本作は、2019年9月ので世界初上映され 、同年同月19日の ()でも上映された。 評価 [ ] 本作は批評家から好意的な評価を受けている。 51点となった。 サイトの批評家の見解は「『ジョジョ・ラビット』の不謹慎なユーモアと真面目なアイデアの融合は、間違いなくどんな人からも好かれるようなものではない。 だが、この反ヘイト劇は、度が過ぎていると言ってよいほど大胆である」となっている。 のMetascoreは22個の批評家レビューに基づき、加重平均値は100点中53点となった。 サイトは本作の評価を「賛否両論または平均的」と示している。 アメリカの主な映画賞では、脚本家組合の脚色賞、衣装デザイナー組合賞(時代劇映画部門)を受賞している。 ゴールデングローブ賞では作品賞と主演男優賞にノミネートされた。 では作品賞を含む6部門(作品、助演女優、脚色、編集、美術、衣装デザイン)にノミネートされ、うちを受賞した。 シネマトゥデイ 2019年9月30日. 2019年11月2日閲覧。 2019年7月23日閲覧。 2020年1月25日閲覧。 2020年3月19日閲覧。 映画『ジョジョ・ラビット』公式サイト. 2020年1月28日閲覧。 thewrap. com 2018年3月14日. 2018年5月7日閲覧。 Kroll, Justin 2018年3月29日. variety. com. 2018年3月29日閲覧。 hollywoodreporter. com. 2019年8月16日閲覧。 2019年8月16日閲覧。 2019年8月16日閲覧。 Deadline 2018年6月15日. 2018年6月15日閲覧。 2019年8月16日閲覧。 2019年8月16日閲覧。 Lang, Brent 2019年7月23日. 2019年7月23日閲覧。 Couch, Aaron 2019年7月30日. 2019年7月30日閲覧。 2019年9月29日閲覧。 2019年9月29日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)•

次の

映画『ジョジョラビット』あらすじネタバレと感想。ヒトラーやナチスを笑いに変え歴史を再度見つめ直す

ジョジョラビット

第二次世界大戦下のドイツを舞台に、空想上の友達であるヒトラーに背中を押されながら立派な兵士を夢見て日々奮闘する 10 歳の少年ジョジョを描く、 タイカ・ワイティティ監督最新作『 』が公開中だ。 第 44 回トロント国際映画祭にて最高賞<観客賞>に輝き、第 92 回アカデミー賞では作品賞含む 6 部門にノミネートされている世界大注目の作品は、 2020 年 1 月 17 日(金)より日本でも公開がスタート。 1 月 26 日(日)までの 10 日間で累計興収は 1 億 7,000 万円を突破し、日本中で大ヒットを記録している。 2018 年出演作『足跡はかき消して』では、同年の放送映画批評家協会賞の若手女優賞にノミネートされ、ティモシー・シャラメ主演の Netflix オリジナル映画『キング』( 2019 )では、ヘンリー五世に扮するティモシーの妹フィリッパを演じるなど、現在19歳にしてハリウッドが今最も注目する若手女優のひとりだ。 隠し扉に匿われたユダヤ人の少女ということで難しい役どころだったと思いますが、エルサを演じてみていかがでしたか? とっても大変でした。 「エルサ」という役柄自体がこれまでの歴史を背負っていて、この役柄を通して物語を伝えることに、とても大きな責任があると感じたんです。 できる限りのリサーチをして、全力でこの役を演じきることができれば、と思いました。 演じていて難しい役ではありましたが、過去の残虐な行為を世界全体が忘れないように何度も繰り返して伝えることが大切だと思ったので、「エルサ」という役を演じる機会に恵まれてとても幸運でした。 実際は役作りをする上で、何か意識したことはありますか? この役の話を頂いてすぐに、それこそ『アンネの日記』やアンネのような経験をされた方々が執筆した物語を読みました。 第二次世界大戦やホロコーストなどの歴史についても、何度も何度も学び直しましたね。 でも、役作りのなかで一番重要だったのは、プラハ(映画の撮影地)に着いてすぐにユダヤ人地区やユダヤ教の礼拝堂、プラハのはずれにあった強制収容所を訪れたことです。 役作りにおいては、多くの歴史を持つ場所に、物理的に身を置くことが一番重要なことだと思います。 ある意味ローマン君との共演で、ご自身のキャリアの始まりを思い出したのではないでしょうか。 懐かしい気分になりましたか? そうですね … 少しだけかな。 ローマンは私が最初に映画出演した時よりもずっと感情的に大人でしたね(笑)。 演技も私より上手で …。 私は映画に初めて出演したのが 9 歳なんですけど、かなり楽しんでいた記憶があります。 ローマンみたいな大人っぽさ、責任感はなかったですね(笑)。 その時、誰かが咳をしているのが聞こえて。 なんだか息を詰まらせているような声がしたんです!ふたりでローマンじゃない?って彼の部屋に駆けつけてみたら、そこで喉に何か詰まらせているローマンがいて …。 なんとか吐き出させてローマンは無事だったんですけどね。 あの子、魚の骨を喉に詰まらせていたんですよ(笑)。 これがローマンとの一番の思い出かもしれませんね。 とても素晴らしい機会に恵まれて、美しい仕事ぶりで。 彼の美しい演技を観ていることが大好きでしたね。 観光など、滞在中は何か楽しいことをしましたか? 『ジョジョ・ラビット』の撮影中に、ロンドンに行ってきました。 というのも、同じ期間に Netflix オリジナル映画『キング』の撮影があって、ロンドンの郊外に滞在していたんです。 その間は旅行したり、街を散策したりしました。 それから、プラハの近くにある国際映画祭が開かれる「カルロビ・バリ」という都市に行きました。 カルロビ・バリまで田舎道をドライブして楽しみましたね。 『ジョジョ・ラビット』の撮影中は遠出は許されていなかったので、思うようには旅行はできなかったです …。 ずっと尊敬していた女優だったので、一緒にお仕事ができてワクワクしましたね!彼女って、とても愛くるしくて愉快な人なんです。 一緒にいてとても刺激になりましたし、今も仲良くさせてもらっています。 そういえばトーマシンさんもタイカ監督もニュージーランド出身ですけど、『ジョジョ・ラビット』で共演する前からお互いに知っていたんですか? タイカはニュージーランドではかなりの有名人でしたし、成功者でもありました。 しかも、一風変わってるけどカッコいい映画をたくさん世に出していたので、ずっと尊敬していました。 けど、『ジョジョ・ラビット』以前は会ったことはなかったんです。 初めて面会したのはスカイプを通して。 『ジョジョ・ラビット』の 2 回目のオーディションだったんですけど、タイカは「ザ・良い人」って感じで、面白くてユーモアのある方でした。 同時にこの作品に対してはかなりの情熱を注いでいたので、彼にとって意味のある作品なんだと思います。 たくさんのアイディアを盛り込んでいましたし。 タイカのようなレジェンドの作品に携われてとても光栄でした。 ずばりマーベル映画に出演してみたいですか? そうですね。 マーベル・ユニバースのスーパーヒーローのー員になれたらとっても楽しいでしょうね。 あのグループの中に加われたらすごくカッコいいですよ。 小道具など何から何まで素敵でした。 プロダクション・デザイナーのラ・ヴィンセントという方がチームを率いてくれました。 彼が手掛けてきた作品が何度も映画賞でノミネートされていて、今回も( 2020 年第 92 回)アカデミー賞美術賞にもノミネートされていました。 将来、どのような役を演じてみたいですか? 私は、何か特定のジャンルという風に自分を縛りたくないので、どんな役でも来るもの拒まず、まずは脚本を読むようにしています。 それから人と会って、作品に携わってワクワクするかどうかを確かめてみたいんです。 こんな機会に恵まれて私はとてもラッキーなんだと思います。 そういえば、ずっと前から言っていることなのですが、エイリアンとかエルフとか、非現実的なキャラクターを演じてみたいんです!だから、そういうオファーが来たら嬉しいですね(笑)。 今までにご一緒した監督はみんな尊敬しています。 それぞれ視野が広く、ユニークですし、彼らの作品はどれも美しくて。 『ピアノ・レッスン』( 1993 )のジェーン・カンピオン監督( NZ 出身)とは是非ご一緒したいですね。 ケン・ローチ監督の作品も好きです。 ご一緒したい素晴らしい監督がたくさんいるので、絞るのが難しいです …。 とても素晴らしい女優さんですよね!あとは先日『ずっとあなたを愛してる』( 2008 )という映画を観たんですけど、主演のクリスティン・スコット・トーマスの演技がとても美しかったですね。 それから『メランコリア』( 2011 )のキルスティン・ダンストも素敵でした。 他には、ベン・フォスター、ヴィオラ・デイビス、ウィレム・デフォーかな。 『風と共に去りぬ』( 1939 )や『サウンド・オブ・ミュージック』( 1965 )、『雨に唄えば』( 1952 )とか、とても古い映画です。 それから、宮崎駿監督の作品も全部好きなんです!『となりのトトロ』、『千と千尋の神隠し』、『ハウルの動く城』も大好きですね。 来日の予定はありますか(笑)? 実は 12 歳の時に親友と日本を訪れたことがあるんです!とっても楽しかったです。 いままで見たことないテクノロジーが発達しているような印象でしたね。 それから私、小さいものに夢中で、ハローキティが好きなんです。 トーマシンも近々日本を訪れますよ。 インタビュー中に言及された『Last night in Soho(原題)』とは、 『ベイビー・ドライバー』(2017)のエドガー・ライト監督による本格スリラー作だ。 『ジョジョ・ラビット』では難しい役どころを魅力たっぷりに演じ上げた彼女の、今後の更なる活躍に期待しよう。 映画『ジョジョ・ラビット』は 2020 年 1 月 17 日(金)より公開中。

次の